独占権利書 (ドラコミックス)

  • 160人登録
  • 2.86評価
    • (4)
    • (3)
    • (17)
    • (10)
    • (3)
  • 10レビュー
著者 : 香坂あきほ
  • コアマガジン (2011年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864361118

独占権利書 (ドラコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 副業モデル×広告代理店リーマン
    カバー下におまけあり。

  • モデル×リーマン

  • 香坂さんは読めるけど、好きな絵ではないんだよねー。話は好き系でした。

  • モデル×リーマン。

    仕事相手としての独占欲か、男としての独占欲かで悩む両片思いな不器用さん達の物語です。

    嫉妬が物語を動かしていくありがちな展開ですが、その分BL初心者さんなどにお勧め♪

    絵柄も美しく色っぽく、萌え補給にぴったりです^^

  • 残念、好みではありませんでした。

  • 表紙買いです。
    夜光花センセや高遠琉加センセ等、いろいろなイラスト挿絵でいいなあと思っていた作家さんです。

    司書の雅洋×ファッションプレスの岬。
    でも、冒頭部分でこの二人の関係をぱっと把握するのは至難の業です。岬は立ち姿に一目惚れした雅洋をモデルとしてスカウトします。モデルとしての仕事を請けるために雅洋が出した条件は、「必ず岬が仕事の現場に立ち会うこと」。そして、岬もまた一緒に仕事をするうちに、雅洋に対する私的な独占欲が芽生えていきます。

    まず、雅洋の周辺状況が大変分かりにくいです。副業でモデルというのが、理解しにくくて。読モじゃないよね?
    司書という設定みたいですが、それも違和感。ありえません。
    モデルの撮影終了したら、ネクタイにスーツ、ビジネスバッグといういでたちで広告代理店の彼氏と食事に行くっていうリアリティの無さがものすごく気になって、話にのめり込めなくなってしまいました。

    全体に漂うスタイリッシュなムードはすてきです。でもムード先行で、なぜそこまで独占したくなるほど好きになったのか、どこに魅力を感じたのかなど、雅洋と岬の心情に納得しづらいものがあった気がします。

    二人の気持ちがどんどん惹かれあって相思相愛を確信するまでの過程にもう少し盛り上がりと萌えがあれば、もっと面白かったんじゃないかなと思います。絡みシーンはかなりあるけど、なぜか萌えなかったのが不思議です…

  • お話がどうのこうのより、人物の絵が時々バランスが悪いのがあるように思う。特に首から肩甲骨にかけての線がずるっと長いのがめっちゃ気になってダメだった。

  • 表紙に惹かれて購入。一枚絵は確かにうまいが漫画になると…うーん。もっと背景欲しい。そして構成微妙で話の内容が意味不明。読み終わった後に自分の中に何も残らない。

  • なんか…よくわからなかった。チグハグ感と読者置いてけぼり感が…

全10件中 1 - 10件を表示

香坂あきほの作品一覧

香坂あきほの作品ランキング・新刊情報

独占権利書 (ドラコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

独占権利書 (ドラコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

独占権利書 (ドラコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

独占権利書 (ドラコミックス)のKindle版

ツイートする