鍵盤の上のカレス 普及版 (ドラコミックス334)

  • 40人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 藤谷陽子
  • コアマガジン (2012年11月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864363747

鍵盤の上のカレス 普及版 (ドラコミックス334)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 天才ピアニスト×元天才の音大准教授

  • 神様からのギフトを持って生まれた人達の物語…というほど固くはないけども(笑) 幼い頃ピアノで『神童』と騒がれたが、本物の天才を目の当たりにしピアニストとして挫折した音大准教授・佐々と、彼を指導者として指名してきた『本物の神童』一式。

    こういう『お互いの才能を認めている相手』『一緒にいるとインスピレーションが触発されて楽しい』『でもその才能に嫉妬…』みたいな関係性、面白いなぁ(〃´ω`〃) 一般的に「ありのままの自分を受け止めて」=現状に満足もしくは諦めて生きている人の方が多いと思うけど、辛くて足掻いて喉から手が出るほど欲しいモノを持っている人たち…羨ましい。
    一式の欲しいモノが『佐々先生』ってのも筋金入りで素晴らしいわ(笑) ブレない年下わんこ攻め(血統書付)カワイイ♪ 佐々先生の拗らせ加減もわかるよー(ノ_<。) 突っぱねたいけど可愛いし、何より一緒に居るべき2人なんだよね…

    藤谷さんの作風のせいか、テーマが重めなわりにサラリとした読後感。こういうテイストだともう少し余韻のあるくらいが好みなので、★は3つで。

  • ピアノで神童と呼ばれる響也と元神童の健治郎の音大年の差ラブ。片岡が好きだな…w

  • 【別置/請求記号】 C/726.1/フ-2/1 
    【資料ID】 1001011903 

  • うわああ!こういう設定大好きすぎる…!!
    若き天才ピアニスト×表舞台から退いたピアニストの子弟BL(*´∀`*)
    年下攻めの強引さも良いです!!

全5件中 1 - 5件を表示

藤谷陽子の作品

鍵盤の上のカレス 普及版 (ドラコミックス334)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鍵盤の上のカレス 普及版 (ドラコミックス334)はこんなマンガです

鍵盤の上のカレス 普及版 (ドラコミックス334)のKindle版

ツイートする