ひとつの恋のはじまり (ドラコミックス)

  • 98人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (11)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 幾田むぎ
  • コアマガジン (2015年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864367325

ひとつの恋のはじまり (ドラコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 千葉君がとてもかわいかった…。
    社会人×大学生と社会人(年上)×社会人(年下)の二本立てでした。どちらも短髪受けでおすすめです。

    一本目は若手で多忙なリーマン×パン屋でバイトする堅実な大学生でした。


    千葉君(受け)の気遣いがとにかく染みると思います。

    「お疲れさま」は欠かさないし、疲れてるんじゃないかと気遣ってくれるし、感謝の表現が素直で癒される…。

    年上への敬意を忘れないし、対等な関係でいたいと思っているところも真面目な性格が出ていてグッときました。

    出会いの場面の公園のベンチで休憩中の蒔田さんにバイト先のパンをあげるシーンからすでに素晴らしいです。


    もう一つ推したいポイントが千葉君の言葉遣いです。

    基本的には敬語なのですが「~っす」が入り混じったバイト敬語を蒔田さんに使っています。

    その混じり具合が程よく大学生らしく、社会人である蒔田さんとの年の差が実感できます。いいですほんとに。

    また、大学でモブの友人と話すときのタメ口と対応の差にキュンとします。


    蒔田さん(攻め)はとにかく多忙なリーマンです。

    公園での出会いからご飯をおごって千葉君に癒されています。


    いつもスーツでピシッと決めている蒔田さんですが、一度私服で千葉君のバイト先を訪れる場面があります。

    その時の蒔田さんはゆるっとした私服とセットされてない髪でした。

    それを千葉君が指摘すると「照れる」んです!「だらしない恰好」だと謝るんです!

    思わぬ反応に千葉君も驚くし可愛いと思うんですよ…。素晴らしい…。


    残念だったのは千葉君はもともとゲイでなのですが、その点があまり深く描写されなかった点です。

    ゲイであることは負い目でも何でもありませんが、もう少し心理的な描写が欲しかった…。

    ゲイとノンケの差はまだまだ深いと考えている派なので…。


    全体的に明るく癒されるマンガでした!

    全く関わりのなかった二人が思わぬ一面を知り好意を募らせるのがかわいらしかった…。

    もし私が帯をつけるなら「パン屋の天使に癒されませんか?」です。おすすめです!

  • 作家さん初コミック。表題、疲れたエリートリーマン・時田✕パン屋でバイトの大学生・千葉。疲れた身体と心に千葉くんみたいないい子から笑顔の「お仕事、お疲れ様です」は特効薬だよね~。私も冷麺追加注文しちゃうw 千葉くんのグルグルする所も可愛かったし、時田さんの天然でポジティブな感じも好きです。同時収録は同じデザイン部の後輩✕先輩、こちらも可愛い感じでしたね。楽しく読了でした。

  • 社畜天然エリートでイケメンでモテるのに疲れきって枯れている時田が出会った癒しの千葉。疲れきっていた時田が千葉と会うのを楽しみに仕事頑張ってるのがかわいいし、イケメンエリートだけどキザなところがなくて、ストレートに千葉を求めて、服装がだらしないかな?!とか気にしてるとこがかわいい。好きなのに回り道してる千葉もかわいい。

    もうひとつの会社の先輩後輩ものも先輩が男前ではたからみると分かりにくい後輩のことをちゃんとみてて理解してるのがいいし、後輩もずっと一途に好きだったのが微笑ましかった。付き合うことになった時の二人の幸せそうな表情が良かった。

  • ★3.5。予定調和でライトでしたが、登場人物皆可愛らしくて楽しく読了。

    リーマン×パン屋バイト学生。疲れてベンチに座っていた攻めの前にパンを持って現れた受け。少女漫画なノリはあるものの邪心のない二人には毒気抜かれました。ピュアだね。

    同時収録の、会社の後輩×先輩ものの方が好み。無表情な後輩だけど、ワンコを内包していたとは(^q^)こんな優しくて頼れる先輩、まさに惚れてまう…。

  • 良ござんした。二つとも。

  • 初コミックスなんですね~。
    絵柄もテンポも好みだったのでとても今後がたのしみ☆
    口絵カラーは告白シーンかな?胸キュンです(笑)

    イケメンエリート会社員だけど、ちょっと天然時田さん。キザな感じはまったくなくとっても自然体。愛情表現はストレート。かっこよすぎるでショ~!!千葉君は可愛い。

    もう一作、愛想はないけど実はわんこな後輩。(彼を犬に見立てる一コマが面白かった・・)無表情でやばいことしかける大和君がよかったです(笑)

    二作ともほっこりしますね♪なかなかヒットでした。

  • どっちのカプも好き。きゅんきゅん。

  • ★3.5

  • 初コミ。絵柄が好みだったので。

    『ひとつの〜』大型プロジェクトからやっと解放された日、見知らぬ青年に声をかけられた。何故かそれが無性に嬉しくて、お礼にゴハンに誘ったら彼に癒やされている自分に気がついた。それから弟のように何かと世話をやいていたら、自分はゲイだから気をつけた方がいい!と忠告され…。

    社畜天然エリート×貧乏学生のピュアラブ。時田はノンケなので、千葉がゲイだと知って自分に気がある事に気がつくんだけど…そりゃねキス位は考えると思う。しかし早々に千葉を抱く妄想が出来たうえ、Uターンして妄想したら興奮した!って家に押しかけるのはちょっとw まじタラシだね時田\( ˆoˆ )/w
    急展開について行けない千葉は一度は追い返すも、朝からバイト場(パン屋)に来られるわ、いちいち甘やかすわで流されかけちゃうんだが…対等でいたいが為に悪戦苦闘する様が可愛かった♡普段は年下攻めが好みなんだが、年下受けもイイもんだね( ^ω^ )

    『ご褒美を〜』デザイン会社に務める、無愛想男・大和と指導係の宇佐美の話。宇佐美は緩いケド仕事の出来る先輩なのだが、女の子に夢見ちゃうような子供っぽいとこもある。そんな先輩に育てられた大和は宇佐美を尊敬していたし、特別にも感じていた。
    憧れていた女子社員との合コンが不発に終わり、ヤケ酒したうえ泥酔した宇佐美を介抱していた大和。着替えさせる為に脱がせていたら、勘違いした宇佐美に抵抗され…つい噛み付いてみたら、予定外の反応に手を出してしまうのだが…次の日にはスッカリ忘れられてしまったことに大和は激怒して。。

    低燃費大型ワンコきたーっ!!!大和みたいな内側アツい子大好物です♡!あと、宇佐美の大和に対する理解が萌え過ぎてやばかった…好物貰っときの嬉しそうな姿とか、眉間に小さく入ったシワとか、真剣なときは宇佐美先輩って呼ぶって事とか、そういうのに気がついてくれる先輩ってきゅーん!としちゃう♡♡♡ここぞって時は男前だしさー。。まじ萌え死ぬよ先輩。。

    どっちのカプも3話ずつなんで読みやすかった。描きおろしは表題カプ。千葉くんが合コンに行くにあたって、大人の余裕を見せたら残念な結果に。お風呂シチュが不発に終わって泣けた⤵︎

全9件中 1 - 9件を表示

ひとつの恋のはじまり (ドラコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとつの恋のはじまり (ドラコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとつの恋のはじまり (ドラコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする