日本人の99.9%はバカ (コア新書)

  • 80人登録
  • 3.21評価
    • (1)
    • (5)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : ロマン優光
  • コアマガジン (2015年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864367387

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
樋口 毅宏
中村 文則
朝井 リョウ
みうら じゅん
町山 智浩
末井 昭
村田 沙耶香
又吉 直樹
水道橋博士
吉田 豪
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の99.9%はバカ (コア新書)の感想・レビュー・書評

  • 本心はバカではなくアホで居たかったが、自分バカ確定。

    よく目の当たりにする日常のエピソードが濃縮還元されている本。

    お子さんをお受験にと考えている人は一度立ち読みしても損はない。

  • 書名に反してとてつもなく生真面目な論だったw あまりにもマトモすぎて面白みに欠けているところが面白い屈折ぶり。それはそれとして、171ページ2行目~ブーくんが突如激昂して叫びました。は、フーくんの誤記と思われるが、たぶんそれすらも最終章の著者の叫びを説得力あるものにするがための意図的な… あ、あと話し言葉の「」の最後に「。」は不要だ。ロマン優光さんの本は今後も買うかもしれないが、コアマガジンの新書はもう買わない。趣味の問題だけどw

  • このころはまだリベラルを捨てきれていないためかちょっと思い切りが悪い。

  • ロマンポルシェのメンバーのロマン優光が、今の日本にはびこるバカを分析した一冊。

    百田やネトウヨなど、本当に頷ける部分もある反面、サブカル畑の話などはあまりピンと来なかった。

  • 最初の1、2章、政治や教育の話が面白かった。3章のサブカルの話は、タイトルの内容とあまり合ってないようにかんじた。

  • 男気説教ユニット「ロマンポルシェ。」のディレイ担当メンバーであるロマン優光によるバカ論。ちなみに相方の掟ポルシェが説教担当。著者によれば愛すべき「ばか」は本書の対象ではなく、不快な「バカ」を対象にしているとのこと。ネトウヨ、学校、サブカル、音楽海周辺に生息する「ばか」どもをバッサバッサと斬りまくっているが、よく考えたら自分も「バカ」だったというオチあり。
    昔の「豪さんのポッド」で著者出演の回があり、吉田豪にいじられまくってた時の印象とは打って変わって、文章からは理知的なにおいをぷんぷん感じた。あと、いつのまにか結婚してたらしく、本文の中で何か所か自分の妻についての言及があり、本書の主題とは全く関係のない、どうでもよいところでびっくりした次第。

全7件中 1 - 7件を表示

日本人の99.9%はバカ (コア新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人の99.9%はバカ (コア新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本人の99.9%はバカ (コア新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本人の99.9%はバカ (コア新書)の作品紹介

誰よりも正しいミュージシャンが、世論にNOをつきつける。日本をバカにする天才新書。身に覚えのあるバカのサンプルがいっぱい!

日本人の99.9%はバカ (コア新書)はこんな本です

日本人の99.9%はバカ (コア新書)のKindle版

ツイートする