文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)

  • 159人登録
  • 3.10評価
    • (2)
    • (10)
    • (10)
    • (3)
    • (4)
  • 14レビュー
著者 : さやわか
  • コアマガジン (2016年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864369466

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
米澤 穂信
宮下 奈都
村田 沙耶香
平野 啓一郎
三浦 しをん
ミヒャエル・エン...
又吉 直樹
エラ・フランシス...
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)の感想・レビュー・書評

  • 漫画の面白さをゲームに、プレーヤーが物語に入り込む、リアルさを書くことが文学、フィクションで現実を書くことができない…ドラクエシリーズと生みの親堀井雄二の解説本。ドラクエ11まだ手を付けてないので早くプレイしたいな。

  • ドラクエは未経験、村上春樹も苦手で殆んど読んだことがない、予備知識ゼロの状態で読み始めたので、はじめは???~?という感じでしたが、読み進めるとだんだん面白くなってきました。
    ふたつの世界、物語らしさと「あなた自身が主人公」の止揚、といった論点が興味深かったです。
    ドラクエやってみたい。

    追記
    さわやかさんの本を探してもない、ない、ない。と思ったらさやわかさんだったのね。

  • 丁寧な文体で理屈を押し付けることなく展開されていく、ドラクエ論。
    筆者は堀井雄二さんのことどのくらいご存知なのかしら?と疑問に思った瞬間から、ある個人の意見ではないかと思ってしまった。

    だけど、ドラクエが好きだしやったことあるゲームの話題になると真剣に読んでしまう。
    ドラクエ30周年に乗っかった本ではないだろうか⁉︎

  • ドラクエで育って、一通りシリーズは楽しんだ、でもそんなに深く考えたことのなかったような人向けの、シリーズ作品の位置づけ考察。驚くような考察はないけれど、堀井氏がドラクエで何を目指してきたのか、時代との関係してきたのかをやさしく整理してくれる。シリーズで1〜2作やってないのがある、みたいな人が読むと、(やってみようかなと思えて)ちょうどいいかも。

  • ”Fateは文学”を著者が知らないはずはないので、意地の悪い題ではある。DQが文学なら、FFは芸術で、人生は‥は何だろう? 内容は良かったので文学としての〜をシリーズ化希望。

  • この本の中で少なくとも『文学としてのドラゴンクエスト』は語られていない。
    最初と終章だけにやたらと“文学”という言葉が乱発されているだけ。

    “だそうです。”、“でしょう。”、“と思います。”の言い切れない文書が多く、言い切っているところは、既に公になっている事実のみ。(ドラクエファンなら誰でも知ってるレベル)

    単なる個人的な自由研究の成果発表だな、こりゃ。
    とても残念。

  • とりあえず別のテーマにかこつけて村上春樹を語るのはちょっと勘弁してほしい。そういうのはタイトルで宣言してくれないと。なんか、語りたくなる作家なんだろうなということは理解できるんだけど、村上春樹について前提のない人には色々厳しい。

  • 文学: 言語で表現された作品
    ドラクエはテレビゲームですが、架空世界の住人と会話を交わしながらストーリーを進める、あるいは楽しむという意味では文字を介することになるので、これを文学と捉えて評価する内容。IからXまで登場しますが、これはゲーム評論ではありません。ドラクエという作品を生み出した堀井雄二とその時代背景に主にスポットを当て、ドラクエ30年史を振り返る内容です。

    ロールプレイングゲームという分野の先駆けとして評価されることが多いので、ゲームではなく文学として扱っていることと、懐かしさもあって読んでみました。

    堀井雄二は意外にも村上春樹と同じ大学で同期ではありませんが似たような時代を生きていて、村上春樹の小説との比較が上手く、文学として上手にまとめられていたと思います。

    懐かしく思い出しながら、さっくり読みました。息抜きに良かったです。

  •  何も村上春樹と対応させなくてもよかったのではないか。文学としてとらえるのならばもっと別の視点もありえただろうに。

     すべてのドラクエに手を染めるのにはそれだけの時間とお金がかかる。すくなても古くなったものは一つのハードのみでできないだろうか。

  • ドラゴンクエストシリーズを、物語性に着目して批評しています。特に、作者である堀井雄二を村上春樹と比較しながら考察しているのは面白いですね。

    リアルタイムでドラクエシリーズを楽しんできた身としては、大変おもしろく読みました。技術的な側面だけではなく、時代背景とグループ?(Ⅰ~Ⅲ、Ⅳ~Ⅵ、Ⅶ~Ⅷ、Ⅸ~Ⅹ)の関係性など、たしかに、という感じですね。

  • 意外にも村上春樹論としても充分に読める

    11が楽しみになる

  • 読むとドラクエがやりたくなる。
    堀井雄二というドラクエのプロデューサーの思想から、ドラクエがどのように形作られてきたのかを類推していく。呪文やキャラクター、グラフィックなどの要素についいての考察をあえて切り落として、「物語」の構造に対する考察を深めた本です。

  • 力作。村上春樹との比較が面白い。最新作の9,10も偏りなく論じているのが非常に好感。
    扱う主題の性質上いくつか致命的なネタバレがあるため、これからDQ本編を遊ぼうと考えている人は注意。
    (ただ3のアレだけ変に伏せているのは疑問に感じた)

全14件中 1 - 14件を表示

さやわかの作品一覧

さやわかの作品ランキング・新刊情報

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)の作品紹介

2016年に誕生30周年を迎えた『ドラゴンクエスト』シリーズ。ドラクエの作者・堀井雄二は「物語を体験する」ゲームを作り続けてきました。あるいは、あなた自身が主人公になることが出来る文学を描き続けてきたとも言えるでしょう。その試みは、実は村上春樹や、ライトノベルといった日本のすべてのポップカルチャーの進歩と密接な関係があるのです。いま、ドラクエが切り開いた新しい文学の地平への冒険が始まります。

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)はこんな本です

ツイートする