間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに (コア新書)

  • 164人登録
  • 3.06評価
    • (4)
    • (3)
    • (19)
    • (3)
    • (3)
  • 10レビュー
著者 : ロマン優光
  • コアマガジン (2016年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864369831

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
村田 沙耶香
吉田 豪
ミシェル ウエル...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに (コア新書)の感想・レビュー・書評

  • 間違ったサブカルはあるけど正しいサブカルはないって本です。なので、サブカル文化人の人物評みたいな内容になっています。サブカルって属人的なものなのかね。

  • ロマン優光がサブカル界を斬った第二弾。

    前作でも思ったけど、正直サブカル界に興味のない人にとってはどうでも良い話。
    ただ、サブカル文化人の中でもいろんなジャンルがあるということはよくわかった。

  • 平易にも関わらず独特な個性を持った文章が素晴らしい。中森明夫氏を批判するときの追い込み方がまさに将棋の格言の「玉は包むように寄せよ」のようで逃げ道を許さないところも圧巻でした。(町山氏への批判へは愛があるけど) とにかく面白かった。

  • 結局サブカルとは何か?何だったんだ?オタク
    も何なんだよ!とりあえず中森明夫も岡田斗司夫
    もわたしも嫌いだよ!(単純)

    章立てや観点は面白いが、やっぱり物足りないなー。

  • ずごい共感できる。文章も読ませるし良い本。

  • 内容がオタク的で作者がなぜサブカルの文化人に怒っているのかよく理解できなかった。

  • 「サブカルって何だっけ?」というのが読後の最初の感想。まぁサブカルだのオタクだの呼称なんて「マニアでいいじゃん」という著者の主張には同意。好きな情報/対象で楽しめばいい。他人のことなんてどーでもいいよ。

  •  間違ったサブカルより問題はマウンティングしたがることにあるように思ったのだが、それを考えるとサブカルから離れてしまう。サブカルが間違っていてもマウンティングしたがらなければそれほど問題ないのではないだろうか。マウンティングという言葉に意識が向くようになったので、今後誰かがマウンティングしようとしたら、「あ、今マウンティングしようとしてるぞ」と気づく。議論が上手な人はそういったことをしがちであるが、オレは頭の回転がとても悪いので何も言い返せない。たいてい質問ばかりになってアホみたいだし、言いたいことが帰宅してから思いついて心がギリギリする。

     自分がぼんやりしていたため、サブカルという言葉には全然悪い印象がなく、蔑視されていたことに気づいていなかった。町山さんも水道橋さんも著作をたくさん楽しんで読んでいる。ロマンさんのように冷徹に見ている人がいると思うとうかつな言動は慎みたい。

  • 組合があるのかな?
    て感想でした。
    「町山智宏-岡田斗司夫=サブカル」ってことらしい。

全10件中 1 - 10件を表示

間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに (コア新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに (コア新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに (コア新書)はこんな本です

ツイートする