ミニマリズム

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : ジェイムズ マイヤー 
  • ファイドン (2011年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864410007

ミニマリズムの感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

ミニマリズムの作品紹介

ミニマリズムという用語は、1960年代に幾何学的な技法を全体にあるいはシリアルな形で用いて新しい種類の抽象芸術を生み出したアメリカのアーティストたちの活動を表す言葉として生まれたものである。本書は、カール・アンドレ、ダン・フラヴィン、ドナルド・ジャッド、ソル・ルウィットなど、ミニマリズムに関係した主要な人物の経歴、さらにはミニマリズムと関わったその他のアーティストの活動を扱っている。具体的に対象となっているのは、彫刻家のラリー・ベル、エヴァ・ヘッセ、ジョン・マクラッケン、ロバート・モリス、アン・トルット、そして画家のジョー・ベーア、ロバート・マンゴールド、ブライス・マーデン、アグネス・マーティン、ロバート・ライマン、およびフランク・ステラなどである。

ミニマリズムの大型本

ツイートする