cab v.14―CATALOGUE&BGM

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ソフトライン 東京漫画社 (2011年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864420136

cab v.14―CATALOGUE&BGMの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今月号も楽しく読ませていただきました。

    腰乃さんの鮫島くんと笹原くんの笹原弟が
    次号スピンオフ!ということで
    今回は三人がぎゃーぎゃー言ってる話でした。笑

    あとキャッスルマンゴーの続きが気になる感じで終わってしまい
    二ヶ月待ち遠しい。

  • 秀良子さん目当て。最初に読みました。なんか短かった?会話の省き方がすごく好きだ。言外にずっしり意味がある感じ。怒ってる、の下りが特に。全体的にも、核はあえて言葉にしないよね。その雰囲気が好きだ。前号から予想してたのとは結構違った展開だったかも。コマノは強いな。強いから夏樹のつまづいてるものが判っても、理解はしないんだろうなとなんとなく思いました。
    ところで首がかなり太くなりすぎてるような…。
    笹原くん弟編は全然、序章ですらないのね。え、まさか鮫島くんとかじゃないよね?弟視点から見ると笹原くん酷いなw 鮫島くんもw 最早シャツ着てないのに鮫いたよw
    キャッスルマンゴーは前話読めてないから我慢。
    テラシマさんはそこそこ好きだった。でもこの人も異様な巨頭化が激しくなってて非常に気になります。
    嶋ニさんは途中から読んだんじゃさっぱり判らん。入れん。
    館野さん初登場。リーマンの言い分が的確でそっちの気持ちのが解る現象再び。
    学校の先生と生徒の人、初めて見たけどなんかすごく強烈な絵ですね…。
    真柄さんは絵が古臭いんじゃなく古いのが気になります…。漫画社は皆「古臭いのが一周回って新しい」みたいな人達だよね。

全2件中 1 - 2件を表示

cab v.14―CATALOGUE&BGMはこんなマンガです

cab v.14―CATALOGUE&BGMのKindle版

ツイートする