彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)

  • 1297人登録
  • 4.46評価
    • (274)
    • (137)
    • (50)
    • (2)
    • (2)
  • 80レビュー
著者 : 秀良子
  • ソフトライン 東京漫画社 (2012年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864420495

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素直になれない人と素直すぎる人。
    その二人がくっつくってことがどういうことだか分かるか?
    答えはそう、萌えだよ。

  • 好きだ。コマノ夏樹シリーズ大好きです。雑誌で1話以外全部読んでたのですが、やっぱり最後はほろりと泣いてしまいました。感想は殆ど雑誌の方で書いてしまったので割愛しますが最後のモノローグすごくいいなぁ。続く言葉は。言わない書かない、省略されてしまってるけど明確にそこにある言葉、というのが本当にうまいです。
    読んでなかったのはタイトルになった話でした。これもすごく良かった。引き寄せる夏樹が良かったです。そして最後も。2人のシーンだけど友達の心情がかぶってるところ。友達の表情と。すごく柔らかい、切ない。だけどコマノのモノローグは熱くてその対比というか。うまいなぁ。
    この空気がいいなぁ。夏樹は何も言わないのに、睫毛を伏せてすっと隠すのに、何でもない顔で笑ってるのに、「そんな事で嫌わない」って間違う事なく夏樹が恐れている部分に手を伸ばすコマノがすごいなぁと思いました。ずっと何が変なんだろうって考えてたから、それは好きだから、なわけなんですが。何度も何度も踏み込んでも掴めなかった最後、やっと届いた瞬間がほろりと。
    現代っ子うまいですよね。会話のテンポかな。でもチャラくない。優しさが滲んでる。さらっと、部屋汚いとか笑ったり、でも嫌がってるわけじゃなくてただ素直に言ってる感じとか、うまいなぁと思います。
    常にきゃっきゃっしてるのがコマノってのがかわいい。ぱっと見はその擬音似合わなさそうなのに。きゃっきゃってしてるコマノかわいいです。拗ねてひっついてるのとか、かわいすぎる。
    描き下ろし。で明かされる真実。そう言えばコマノの下の名前出てませんでしたね!そして一番最後のコマ(笑)
    この2人本当に好きです。2人ともすごくかわいいし2人の空気もすごく好きだ。しっとり、優しい、かわいい。

  • 泣いた…最終的にコマノの下の名前にくっそわろた

  • 「リンゴに蜂蜜」の続編。コマノと夏樹が付き合い始め、それ故の心の葛藤が丁寧に描かれています。とは言っても重い話ではなく、2人のいちゃいちゃもきちんとあります!書き下ろしのイラストやマンガもあり、隅々まで楽しめる1冊です。

  • このシリーズの前作は普通の感触だったけど(表題作少なかったし)、この続編はとてもよかった。好きだからこそ無くすのが怖くて臆病で、みたいなのはBLの醍醐味ですよね。八月のCD化がとても楽しみです。この先生の他の作品も読んでみたい。『ポジティブくんとネガティブくん』も楽しかったし。

  • チェックせずに書店行ったのでまさかの続編にびっくり。
    秀先生はキャラクターの作りとか台詞や空間の雰囲気作りとか個性あふれてて見所多いんだけど…もう一押しが足りない…という作家さんでしたが…この作品で一押しどころかドカーンと飛んで下さった。この作品かなり人気出ると思う、寧ろ出ろ、真剣。
    ていうかこれ読んじゃうと「リンゴと蜂蜜」足りないというかプロローグなんだもの、そらそうだ。これもう一回ひとつにまとめてコミックスされなきゃいけないっすよぉ。


    足りなかったところが、まぁボーイズのラブ的な絡みであると言ってしまうのは安くていやだけどやっぱそういう描写あるかないかは大きいんだとも思い知らされ。
    逆に先生が今までかたくなにそこら辺の描写避けてきたのなんでだろう、やっぱ安いから…か?他で勝負したかった・・・から?
    でも、それほどに絡みにまつわる画力やエピソードがたまらなく上手くてひやぁっとなりました。なぜ今まで(略)
    プラトニックなところは遠まわしに、性欲はストレートに。
    この書き分けがホントいい!
    リアルを目指した男子、そこの追求が素晴らしいなと思う。衣装も可愛いしなー。いいなというシーンやセリフ回し多すぎるんで「読め」としか…感想下手か!!!

    あーー、そうそうこれは「リンゴ~」読んだ時の感想なんだけど、コマノがひげのばした理由が一切かかれてないんだけどあれって、先輩の元彼が年上だったの対抗して大人ぶったからであってますか?だったらすげぇ燃えるわけ。

  • 『お前が好きで 好きで 好きで 世界を憎んでしまいそうになる』

    大学の後輩・コマノ×先輩・夏樹
    過去の経験から、幸せになることをどこか諦めてしまっている夏樹君。そんな夏樹君を、ズケズケと、だけど優しくすくい上げてくれるコマノ君との掛け合いが可愛くてきゅんきゅんしました。もうね、夏樹君の繊細さに滾って泣けました。悲観的な感じがたまりませんー!おエロもそこそこあって大満足!
    前作「リンゴに蜂蜜」とセットで読んで欲しいお話しです。

  • 【リンゴに蜂蜜】の続編。
    読んで胸がギューッとなった。
    自分のBL的最大の萌え部分が「葛藤」だという自覚があるだけに、夏樹の頑なさは哀しくも愛おしい。

    人を好きになっただけ、もしくはただそこに居るだけで【悪】だと言われる原因が自分の中にあるのならば、それを「どうしょうもない」と開き直ったとしても、不安や不信は拭いきれないと思う。
    幼い頃から自覚があったなら、尚更「自分が好かれる」という関係は奇跡のように感じるかもしれない。

    でも種類は違えどコマノもやっぱり不安があって、付き合い始めのぎこちなさからお互いが歩み寄ってだんだん素になっていく過程が、妙にリアルでたまらなくキュンキュンした…(*´Д`)

    コマノを受け入れられてからの夏樹が、スッゴく艶っぽくて良かった!
    描きおろしも鼻血モノだったよ(泣)

  • 秀良子さんの描く、マイウェイ男×悩める青年の組み合わせがすき。
    辛い思いをしてきた子が、舞い込んだ幸せを手放しに喜べないところ。
    こういう描写がすきなの。

  • バカップルでした。

全80件中 1 - 10件を表示

彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)に関連するまとめ

彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)に関連するサイト

彼のバラ色の人生 (マーブルコミックス)はこんなマンガです

ツイートする