好いたレベルはどれくらい (マーブルコミックス)

  • 306人登録
  • 3.78評価
    • (25)
    • (54)
    • (38)
    • (4)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 館野とお子
  • ソフトライン 東京漫画社 (2013年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784864420655

好いたレベルはどれくらい (マーブルコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 弓彦くんの『さくりゃく』が大人から見ると経験値が低くて浅はかでイタ恥ずかし……でも、そこに気がついたらそれすらもかわいらしく見えてしまう。
    こういうのはハマっちゃうとどうしようもなくなっちゃうよなぁ、ねぇ?一郎さんwww っていうお話。

  • 面白かった♪」パッとしない父親の部下一郎を落とすつもりで近づいていく弓彦。振り回してるつもりが実は… 大人で弓彦に引きずられない一郎さんがいいなぁ。最初はただからかう為だけに近づく弓彦が一郎さんにだんだんと落ちていく姿に、よしよし!! と思っていました。そして一郎さんが時々見せる余裕のない感じに私がやられた。

  • 父親の部下である冴えないサラリーマン・一郎を落とすことに決めたイマドキ高校生・弓彦。
    始めは遊びだったけれど、気があるようでいて子供扱いでかわす一郎の煮え切らない態度が、弓彦の闘争心に火を点けて――?

    (出版社より)

  • 何気なく大人の対応とか、子どもだと自覚したりとかがいいですね。

  • 父親の部下をからかうつもりで女の子だと偽ってメール交換をしているうちに、本気になってしまった高校生の話。
    綺麗な絵でゆるやかに進むお話。とても読みやすいので一気に読んでしまいました。

    ただあまりにゆるやかすぎて、ラストに至るまで二人のどちらにもはっきりした思いが感じられないのが残念です。
    いや、確かにお互い好きなのでしょうけれど。
    リアルの恋愛も確かにこうかなと思うと、これはこれで有りかもしれません。
    同じ作者さんの別の作品でも、確かに現実だとこうだけれどもやもやした記憶があるので、こういうお話を描かれる方なのでしょうか。未だ二冊目なのでよく分からないですけれど。

    あと、一郎さんは結局ゲイなんですか?ノンケなんですか?よく分からなかったです。

  • 舘野さんは「運がいいとか悪いとか」を読んでる。読み終わってから気づいた。舘野さんの作風を思い出した。
    盛り上がりはそんなにないし、描写もソフト?ない?どっちが攻かちゃんとわかるところってあったっけ?な感じですが、結構キュンキュンはして良かったです。
    酔って家に連れてこられた父親(部長)の部下にちょっかい出す高校生の主人公。最初は女装。女装の描写も濃くなく、最初以外は最後に番外編として登場。
    そうだなぁ、ちょっと消化不良かなぁ。マジメな父の部下が、マジメじゃない場面をもっとたくさん見たかったなぁ、とか。それって舘野さんのほかの作品にも思ったんだってば。そういう作風なのだな。
    ちょいキュン、でもつっこみや描写不足、「だがそれがいい」方もいると思います。

  • 父親の部下×高校生の息子
    若干くたびれてるサラリーマンのスイッチが入る瞬間がたまらん。
    ヤル気スイッチ。

    緩い女装男子なのですよ。

  • リーマン×高校生
    悪くはないがどうも弓彦の幼さが目についてしまって……
    館野先生はやはり学生ものがいちばんいいな。

  • 2013/11/14
    【好き】父親の部下:一郎×高校生の息子:弓彦。 生意気な高校生:弓彦が遊びで年上の男:一郎を落とそうと奮闘する姿がガキっぽいんだけど、一郎の大人な態度に必死に足掻くのが可愛い。 まぁ…年上だと臆病になるのは仕方ないよね…と一郎視点で弓彦を愛でて読了。 途中時々出るエロい空気が好きだったので最後にガッツリエロが読みたかったな。

  • このコミックスは館野さんの中でもベスト3に入るくらい良かった。きっかけは不純でもムキになっている弓彦に一郎さんが背徳感と言うか大人としての自問自答しながらもあの手この手の可愛さに振り回されている所が凄く面白かった。最初の女装がラストに繋がったのが一番の萠でした。ずーっとニマニマしながら富みました。2013年夏フェアの小冊子も手に入れた(弓彦にまた翻弄された一郎さんのデレ具合が本当可愛い)

  • 一郎さんの逡巡が、じつに沁みます。近年の館野作品は、一見地味だけどしみじみ面白い。あっさりした絵も好み。

  • 素朴というか、適度に現実味があるというか、きゅんきゅんはあまりしなかったけどなんだか読んだあとに満足感が。
    最後の描き下ろしが一番好きでした!
    でも全体的にもう少しガツガツしてもよかったよなー、一郎さん。(笑)

  • 今どきの高校生とその父親の部下の会社員
    高校生が女装して会社員をだましてやろうと近づき、男子高生だと知りながらだまされたふりをする会社員。お互いに気になるから、ちょっかいかけたり、返事したり。
    すんなりいかない二人のやりとりがおもしろかった。

  • 再読。冴えないリーマン×上司の息子(高校生)のお話です。
    取り立てて派手な事は起きないのですが、地味に大好きな作品の一つです。

    テンポ良くさくさく読める割に、受けが攻めを落とすまでの過程が
    しっかり描かれているので最後まで非常に楽しく読めました。
    何より駆け引きの描写が素晴らしい。一気にではなく、徐々に徐々に…
    ゆっくりと心が傾いて行く様子がきちんと描かれているので、
    展開が早いなどといった違和感も無く納得して読む事が出来ます。

    ていうか一郎がなかなか落ちてくれないので
    こっちも読みながらまぁ焦れる焦れる…(笑)
    で、もう待てない!っていうところで一郎が落ちてくれるので
    一郎が弓彦に手を出した瞬間は心の中で万歳しました(笑)
    欲を言えば最後、高校生相手に理性を失う一郎と
    それに翻弄される弓彦が見たかったのですが
    割と大人しめに終わってしまったので残念…。

    それでも最後、電話中の女装した弓彦に一郎が
    悪戯を仕掛けるシーンはかなりムッツリスケベな感じが
    出てて萌えましたけどね(笑)しかも、その後のオチもまた笑えます(笑)
    続きが読みたい作品の一つです。

  • (感想)

    安田一郎(父の部下)×吉野弓彦(高校生)


    最初の1話は女装アンソロジーに掲載だったらしく
    受けになる弓彦が女装して相手を騙すお話からになります。

    父親の部下・一郎。
    この男を落とそうと、いろいろと策を練るんだけれど、
    大人な対応の一郎。
    そんな2人の駆け引きというか行動というか
    最初は意地になってた部分も、本気になり始めたり
    大人として逃げてる部分もあったりで、ちょっと切ない感じかな。
    だけどお子ちゃまの方が行動早いというか素直というか。
    一郎は振り回されて丁度いんじゃないかなと。

  • 上司の息子に手を出すまでのもだもだ感良かったです。もだもだし続けたあとのカタルシス。好きな終わり方をしてくださったな、と思います。

  • 何考えてるか分かんない糸目が目ぇ見開くとちょっとドキッとするよねっていう。一郎さんは本音が見えそうで見えなくて押しが強い弓彦くんといい組み合わせだなぁ。うーん何だかんだいって一郎さんは駆け引きずるい。笑。頑張ってる弓彦くんがかわいかった。

  • すごい良かったー!
    なんていうか、弓彦が一郎さんを落とそう落とそうと言ってるけど、完全に自分への言い訳にしか聴こえなくてw自分の周りにあまりいなかった大人、とかで興味本位だったんだろうけど、女装して会いに行ってるあたりからわりと先に自分が落ちてるだろうと!

    弓彦に構っているようでのらりくらりとかわしたり、一線は弾いてたりと、一郎さんは大人で…。
    「子ども」なのを一郎さんに何回も言われて、嫌になるほど身にしみてわかって、「大人」な一郎さんと「子ども」な自分とに無自覚にもぐるぐるし始める弓彦がよかったです。そういう葛藤いいよね。歳の差云々で悩むんじゃなくて(大人になったら歳の差とかあんま関係ないし)、「大人」と「子ども」って線引きされて…そんな「子ども」な自分に悩む…みたいなとことか。
    なんか切なくて好きだったー。

  • 弓彦のガッツキに
    静かに一歩さがる一郎さんが切なくて良かったです(;´Д`)
    可愛い話でもあり切ない話でもありました。
    舘野さんの爽やかさ健在!

  • めちゃくちゃ待った…

    好きなると皆臆病になっちゃうよね!という話だったと思う。
    受のから回っている感が好きだった。小悪魔キャラだが憎めない。

    でももう少し女装が読みたかったです(笑)

  • やんちゃで純情な高校生がおっさんに迫っていくところがとても可愛かったです

  • 4ヶ月くらい待ったよー(泣) うぅ、やっと読めた…(´;ω;`)

    父親(部長)の部下「一郎さん」×男子高生・弓彦の、恋の駆け引きの話。 まるまる一冊表題作なんだけど、なんか…駆け引きというか勝負というか…男子バカだな(笑)
    冴えない一郎さんをからかう目的で女のふりしてメル友になった弓彦が、女装を頑張ったりデートの為に作戦練ったり。 ほんとバカっぽくて可愛いけど、イマイチ恋愛じゃない気がしてならない。
    また弓彦に振り回される一郎さんがホントパッとしなくて何考えてるかわからなくて、コレは恋愛なのか読んでて自信が持てない( ̄∀ ̄;)

    まぁ落ち着くとこに落ち着いたけど、今作は萌えがなかったなぁ。 ときめきよりも駆け引き色が強くて、しかも子供じみてるし(弓彦が)
    でも一郎さんはやっぱりオトナだった(笑)

全24件中 1 - 24件を表示

好いたレベルはどれくらい (マーブルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

好いたレベルはどれくらい (マーブルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

好いたレベルはどれくらい (マーブルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

好いたレベルはどれくらい (マーブルコミックス)はこんなマンガです

ツイートする