そんな王子に迫られて (マーブルコミックス)

  • 259人登録
  • 3.39評価
    • (13)
    • (27)
    • (39)
    • (9)
    • (4)
  • 17レビュー
著者 : ケビン小峰
  • ソフトライン 東京漫画社 (2013年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784864421058

そんな王子に迫られて (マーブルコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「恋する丸メガネ」のスピン。王子こと光武央児×ナルシー多田っこ。多田っこの、このハイテンションなノリでまたこの性格の悪さのまま、最後まで突っ走るのかと思ったら、多田っこ、お前可愛くなってるじゃないか!(笑) 毎回2人の攻防も楽しくて面白いんだけどちょっと濃くて後半に疲れてきてしまった… でも楽しく読めました。

  • 恋する丸メガネ」(←未読)のスピンオフだそうだ。

  • 装丁:?

    王子に好かれてしまった性格悪い女好き・多田の苦難。
    一度読んだら忘れられない。
    前作「恋する丸メガネ」は未読

  • 『恋する丸メガネ』に登場した多田が主人公。攻めの央児が強烈キャラクター過ぎて登場するたびに笑ってました(笑)
    多田もひねくれた性格してるんだけど優しいとこともあって、いいツンデレ。エロになると途端に可愛くなるギャップがたまらんかったです(*´Д`*)
    なかなかくっつかないのでどうなるのかハラハラしましたが、最後はいい感じにまとまってくれました。
    ウザがられても押し続けた央児の粘り勝ち!

  • 面白かった!お金持ちなグループ御曹司央児とナルシストでとにかく女の子にもてたい司。央児がグイグイ攻めてくるんだけどホント話聞いてないしお似合いな二人でした。スピンオフらしいのですが、この一冊でも楽しく読めました。

  • 「恋する丸メガネ」のスピンオフカップル央児×多田っこがまるまる一冊!残念なオレ様ナルシストとは珍しいタイプの受だなー。揺るぎない王子様攻に抗いながらもジワジワと陥落されていく多田っこがかわいかった(笑)

  • 表紙見て、ページめくって「あれ??」……正直『時間のないなか出してくれた同人誌みたいだな』って思ってしまった。
    そんな絵が気になりましたが、央児のキャラで何とか帳消しww 
    ストーリーも面白いとは思うけれど、私の好みじゃなかったかな、総合的に。

  • 光武央児のキャラクターは最高だった。事あるごとにキラキラを背負って「\光武央児だ!/」と登場するあれは卑怯。笑わないわけがない。

    ……だけに、終盤の駆け足っぷりと唐突な終わりっぷりへの違和感が凄かった。そう感じたのは私だけなのかもしれないけど。
    父親の事をあれだけ毛嫌いしていたから、もっと複雑な事情があるのかと思ったらえらくあっさりしていたし、お父さん本人が良い人だったのはよかったけど、だから余計に、何であそこまで嫌うんだ…?っていう部分がどうにも消化不良。
    攻め受け共にキャラクター造形は最高だったと思うし、ストーリーも序盤~中盤までは押して引いてのやり取りがとても面白かっただけに、えっあれっ終わり!?となってしまった。
    それと、私が続き物と知らなかったのも悪いけれど、一話の初めからいきなり二人はもう出会ってます、あらすじ無いです、な感じで始まってたのも勿体無いと感じた。光武央児のインパクトはもっと初っ端で派手に見せてほしかったように感じた。

    タイトルいっそ『光武央児』にすればよかったのになぁ。

  • (感想)

    コメディ漫画

    今回は表紙にひかれて購入したのですが、スピンオフなんですね。

    今回のお話は電波キャラ央児のお話で、最初は笑えてたのですが、
    正直ウザくなる一歩手前だったかな(^^;)
    好きだ好きだ!!嫌だ嫌だ!!の繰り返しのようで
    読むうちに、だんだんと飽きてきてたのが本音。

    後半に自分の気持ちを意識し始めて
    展開が少し変わっていったので最後まで読めましたが
    それがなければ途中で読むのやめてたかも…

    すごく好きなのは伝わってきたのですが
    私は入り込めなかったです。

  • 待ってたよ、おwうwじっwww
    前作からスッゴく気になっていた2人(カップルと呼ぶには一方通行感がハンパない:笑) この2人の特筆すべき素晴らしさは、すべてにおいて上から目線な央児の許される存在感と、とことん性格が悪くていっそ清々しささえ醸し出す司の立ちまくったキャラでしょう!!
    私いろんなBL読んだけど、素で「ケケーケケケケーッ」って笑い声の受け、初めて見たわ(笑) しかも心底意地が悪そうな笑顔…( ̄∀ ̄) 強烈過ぎて忘れられんっ!

    電波過ぎる央児と根性のひん曲がった司の攻防が面白かったけど、それだと永遠にくっ付かないと作者が判断したのか、途中で央児が司から退くんですよ。 まぁ一般的な反応なんだけど「なんだ、央児も普通の男になるのか〜(`ε´)」と残念に思っていたら、やっぱりただ者じゃなかったね央児(笑) 初エッチで爆笑。
    でも恋をしたら、司が可愛く(そして普通に)なってビックリ。 相変わらずひねくれてるけど、根っ子は優しい人なんだよね…(たぶん)

    最終的にはハッピーエンドだけど、もう少し両想いになってからのラブラブ?が見たかったなぁ(´・ω・`)
    いゃホントお似合いな2人で良かったよ。 これお互い以外は無理だよきっと(笑)

全17件中 1 - 10件を表示

ケビン小峰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

そんな王子に迫られて (マーブルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

そんな王子に迫られて (マーブルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そんな王子に迫られて (マーブルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする