野良猫とカサブランカ (カクテルキス文庫)

  • 44人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 中原一也
制作 : 実相寺紫子 
  • ジュリアンパブリッシング (2014年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864570893

野良猫とカサブランカ (カクテルキス文庫)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

野良猫とカサブランカ (カクテルキス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

野良猫とカサブランカ (カクテルキス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野良猫とカサブランカ (カクテルキス文庫)の作品紹介

男に飼われていた過去を持つバーテン・律は、どこが陰のある傲慢な刑事・須田に捜査の協力を頼まれる。母譲りの美貌と線の細い躰に反して生意気な律の反応を面白がり、挑発してくる須田。憤りを隠せない律だったが、消し去りたいはずの過去を互いに抱えながらも、対峙する強さをもつ須田に掻き乱されていく。意地の張り合いと酒の勢いから、律の中に眠る被虐の血を呼び起こす須田だったが…責め苦に悶え悦ぶ罪深い躰を思い知らされた律は!?魅惑の書き下ろしを収録&待望の文庫化。

野良猫とカサブランカ (カクテルキス文庫)はこんな本です

野良猫とカサブランカ (カクテルキス文庫)のKindle版

ツイートする