とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)

  • 10人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 伊郷ルウ
制作 : 氷堂れん 
  • ジュリアンパブリッシング (2014年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864570909

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイトル通り、甘いお話です。
    最初はラブラブ、中盤、サディアスが落馬して記憶を失いますが、サディアスの妹以外はみな優しいし、サディアスは記憶を失っていてもティルレアに好意を持ってきたし、それほど深刻な状況にならずに最後はサディアスの記憶が戻ってハッピーエンドで終わりました。

    あんなに愛し合っていたサディアスが、自分だけを思い出せないっていうのは、けっこうつらいものがあるなぁってところもあります。

    気になったのは、記憶を失ったサディアスがティルレア以外の記憶を取り戻したところ。丁度サディアスの妹が来たタイミングだったし、彼女が何かしたのかと思ったんですけど、それはなかったので拍子抜けましたね。

全1件中 1 - 1件を表示

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)を本棚に登録しているひと

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)の作品紹介

夢にまで見た社交界デビューの日。ティルレアにダンスを申し込んでくれたのは、誰もが憧れる伯爵家の令息サディアスだった。彼は二年前、まだ幼いティルレアに初めてのダンスを踊る約束をしてくれた運命の人だった。情熱的なサディアスの腕に抱かれ、蕩けるようなエスコートを受けたティルレアは、その夜、サディアスの求婚を受ける。両親の許しを得て、祝福に包まれたティルレア。彼の甘い愛撫に初心な体は悦び、絶頂な時を迎えるが、婚前旅行中サディアスが事故で記憶を失ってしまい…!?

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)はこんな本です

とろける蜜月 〜溺愛に恥じらう幼妻〜 (ロイヤルキス文庫)のKindle版

ツイートする