国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 橘かおる
制作 : 龍 胡伯 
  • ジュリアンパブリッシング (2015年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864572545

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 頭も悪くなく空気も情勢も読めて立ち位置を確保できる脇キャラを当て馬兼黒幕に持ってくるには一冊読み切りは短すぎたな。動機がヒロインに惚れただけってのが物足りないわな。

全1件中 1 - 1件を表示

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)を本棚に登録しているひと

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)の作品紹介

公爵令嬢エマは、病弱な王女の身代わりにストーバル王国へ嫁ぐ事に。残酷と噂される王グラースの元に送られても、エマは気丈に過ごし、白薔薇の庭園での不思議な青年との出逢いに束の間癒されていた。ある夜、エマを放置していたはずのストーバル王が夜伽を言い渡す。女官達から強引に薄物を纏わされ、天蓋付きのベッドの部屋へ押し入れられた!!だが、強く抱き締めてくるのは薔薇園の青年で!?卑猥に腰を揺すられ、喘ぎ乱される。純潔を散らされたエマは、グラースの愛に溺れていき-。

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)はこんな本です

国王陛下と薔薇の寵妃 ~身代わりの花嫁~ (ロイヤルキス文庫)のKindle版

ツイートする