誑惑の檻―黒皇の花嫁― (カクテルキス文庫)

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 妃川螢
制作 : みずかねりょう 
  • ジュリアンパブリッシング (2015年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864572736

誑惑の檻―黒皇の花嫁― (カクテルキス文庫)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

誑惑の檻―黒皇の花嫁― (カクテルキス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誑惑の檻―黒皇の花嫁― (カクテルキス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

誑惑の檻―黒皇の花嫁― (カクテルキス文庫)の作品紹介

凛はチャイナ・マフィアから身を隠しひっそりと生きてきた。雷雨の夜、突如襲われた凛を救ったのは、大富豪・嵩原だった。手厚い看護と慈しむような眼差しに癒されるが、救い出されたのではなく、罠にかけられたと知る。毎晩繰り返される陵辱行為。圧倒的な熱に犯され、嵩原の底知れぬ恐ろしさに触れた時、それは記憶の底にある、何かと符号して……。“そなたこそ黒の花嫁にふさわしい”凛の封印された秘密を言い当てる紳士。その正体は……。

誑惑の檻―黒皇の花嫁― (カクテルキス文庫)はこんな本です

誑惑の檻―黒皇の花嫁― (カクテルキス文庫)のKindle版

ツイートする