きみと見た ほうき星を探して (G-Lish comics)

  • 107人登録
  • 4.21評価
    • (13)
    • (15)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 三月えみ
  • ジュリアンパブリッシング (2016年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864572873

きみと見た ほうき星を探して (G-Lish comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非常に画質の悪かった電子で読んでいるので再読です。
    うーん、やっぱり好きだなあ、この人。まず絵が良い。
    話としては両思いなのに、というもどかしさをうまく展開させていたと思います。

  • なんかドラマチックだったー。引き込まれた。

  • 天体現象が起きる日には一緒に観ようという約束を反故にされ、なんだかそっけない攻めに片想いの受けは諦めようと決意。実は両片想いなんだけど…攻めはアルバイト三昧で本末転倒。すれ違いが切ない。二人でつくった星のオブジェの描写が綺麗でした~。(私も地学部でした幽霊だけど)
    三月先生、デビュー作が個人的に挫折だったけど(スマソ)、これからチェックしてみようかな。

  • とても切なくもどかしく、心にグッとくるお話でした。
    代々木先輩がいいポジションでした。意外にちゃんとキューピッド役をやってて見直した(笑)

  • 久しぶりで楽しみにしていた、えみサンの3冊目コミックス。
    天体観測とかプラネタリウムとか甘酸っぱいロマンチックな題材を軸にしつつ、二十歳過ぎの若者らしい「恋とか普通とかグルクル悩んでるけど気持ちイイコト大好きだし流されてセックスしてますスイマセン!」っていう青臭さがリアルで面白い(笑)

    えみサンの漫画は、若干ドラマチックなエピソードで腐女子の心をくすぐりつつ綺麗すぎないところに人間味があって好ましい。
    建前を取り繕いつつも好きな人には触りたい…って、即物的で良いよ!若さで許すよ(笑)
    でもそれだけじゃない、ちゃんとときめく青春エピソードも織り交ぜつつ笑いと涙で読後感爽やか!素晴らしいv(・∀・*)

    やっぱり好きな作家さんです。次作も楽しみにしていよう。

  • 両想いなのにすれ違う2人のもどかしい話。切ない…。しかし、代々木先輩のキューピットっぷりが素晴らしかったw絶対変にこじれさせそうって思ったのに、良い仕事だった…wカバー下にある「30歳以降にすごいドラマがまっている」っていう書き込みは不穏だけど、ハッピーエンドでよかった。

  • 高校の同級生でノンケの大学生・河合×ゲイの自動車会社営業・大原。うわぁ、良かった〜! 思った以上に切ない両片思いで、特に大原の想いに泣けました… 河合の言動をみたら信じる事も臆病にもなると思う。諦めようと頑なな大原の気持ち、このままじゃ、好きでいる自信がないと零した河合の本音… どうしても取り戻せない事もあって。ギューッと心臓が絞られているような展開に、色んな気持ちを乗り越え手を取り合えた2人に、感動でずっと涙目でした。

  • 電子版に再編成&描き下ろしを加え、コミックス化。
    両想いで近くにいるのに自分の気持ちが相手に届かない、というじれったくもすれ違う恋を、きらめく星々とともに絶妙に描き出したストーリーでした。

    夢に向かって突き進む大学生の河合×夢をあきらめて社会人になった大原。
    高校時代の文化祭で、天文部の展示をたった一人で準備していた河合を大原が手伝ったことから仲良くなった二人です。
    この高校時代の二人の話がほんとに切なくて…
    天文部の展示の顛末も胸が痛かったけど、河合はさばさばしていて潔かったです。傷つかないのはひたすら一直線で前向きだからなのかも。
    一方の大原は、自分の性癖に悩んで、大学も家のために諦めて、自己犠牲なタイプ。傷つくのがこわいくせに、とても傷ついています。

    大原と河合の名前、最初はわからなかったけど早稲田と代ゼミ出てきたあたりでネーミングの深さに感動しましたw
    前作「結んで、ほどいて…」でも板橋とか足立とか、ネーミングが光ってましたよね~

    同じアパートにせっかく住んだのに、一番大事なところですれ違ってしまったのは、「好き」の度合いとか温度差だったんでしょうか。
    大原はかなり受け身体質ですね。ゲイということで負い目を感じてるのか、傷ついた過去にも原因があるのか、待ってて来なかったら勝手に諦めるところがあります。でも、受け身だけど強さがあるのが大原のいいところです。美形だし。
    そんな大原のデリケートな気持ちなど理解しなさそうなw目標に向けて突っ走り系の河合です。

    二人とも自分の本心に向き合ってから、すごく成長変化していって、そこがよかったです。男前な行動力で自分の気持ちを相手に伝える事ができた二人に、胸アツになりました!
    手作りプラネタリウムが、理系ぽいのにハンパなくロマンティックですてきでした。

    代々木のドラマアドバイスが笑ったけど深かったです…!特に火ドラ「行動R no me」は胸に刺さったw
    エロ的にも「好き」の重さの違いを感じるキスシーンとか、「オレのこと抱いて」のHシーンとか萌えまくりました!甘くて辛い、いいH。そこからどんどん激しくなってくのも萌え。センセの作品では一番ドストライクでした。
    何度も読み返してしまった一冊です。

全8件中 1 - 8件を表示

三月えみの作品

きみと見た ほうき星を探して (G-Lish comics)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きみと見た ほうき星を探して (G-Lish comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみと見た ほうき星を探して (G-Lish comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

きみと見た ほうき星を探して (G-Lish comics)はこんなマンガです

ツイートする