かりそめの婚約者 (カクテルキス文庫)

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 義月粧子
制作 : 水綺鏡夜 
  • ジュリアンパブリッシング (2016年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864572927

かりそめの婚約者 (カクテルキス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 繁敏は横暴、妹は尻軽
    無駄に、冷たい使用人達
    逆に鷺森家の人達は極端な千尋age

    義月さん王道の、シンデレラパターンなんで
    多少の無茶は、受けの健気さで帳消しになるんだけど

    千尋が他作品に比べてイマイチ

    妹がどうしても、婚約者以外は受け付けないと言ったなら
    兎も角、繁敏との事は自分なりに考えて行動してるんだから

    母がこうだから妹もそうに違いないって事で、勝手に
    あれこれやり出す辺り、千尋が一見健気なようで自分勝手

    行動だけ見てたら、主人公カプに嫌がらせする、敵役と
    大差ないし、彼らの為に出て行けない!とかデンパなストーカーか?

    未だ、妹を連れて帰った時点で大人しく出て行った方が可愛げ有ったな

  • セレブで強引で傲慢で意地悪な鷺森と普通の質素な生活をしていた千尋。意地悪な攻とかわいそうな受、好きな設定です。鷺森は千尋が存在すら知らなかった双子の妹と結婚するから、その子を探せ、とか説得しろ、とか無理難題を言い出すし、お屋敷の皆さんは冷たいし、千尋かわいそうなんだけど、一生懸命なところにきゅんとしました。自分も鷺森の事が好きなのに、妹と…とか色々あったけど、妹が利口な子でよかったです。鷺森の従兄弟の2人や鷺森翁や、魅力的でした。面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

義月粧子の作品

かりそめの婚約者 (カクテルキス文庫)を本棚に登録しているひと

かりそめの婚約者 (カクテルキス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かりそめの婚約者 (カクテルキス文庫)はこんな本です

かりそめの婚約者 (カクテルキス文庫)のKindle版

かりそめの婚約者 (カクテルキス文庫)の単行本

ツイートする