ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か? (ユーラシアブックレット)

  • 27人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 高野史緒
制作 : ユーラシア研究所ブックレット編集委員会 
  • 東洋書店 (2013年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864591102

ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か? (ユーラシアブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「カラマーゾフの兄弟」本編読了後にあった引っ掛かりが何だったのか分かった気がする。続編の断片情報からすると確かにありえる筋書きか。でもアリョーシャがねえ。。
    ともあれ、おもしろかった。但し、「カラマーゾフの妹」より先に読んでしまったのは良くなかったかもしれない。

  • 推論の過程は説得的に見え興味深いが、結論に賛成できない。いっそ犯人を消去/不在化/隠蔽するド氏の力量に注目したい。我不言賛否-皇帝殺しテーマ。図書館本。

  • 薄い本ながら、中身は濃い。
    長大過ぎて何がどこでどうなっているのかいまいち掴みにくかった『カラマーゾフの兄弟』を、時系列に整理し直したのは大変だっただろうと思う。こういう風になっていたのか。参考になると同時に、ドストエフスキーのすごさを改めて感じることになった。
    そして行われた「父殺し」が、本当は誰の手によるものだったのかという新発見は(果たしてそれが本当に意図されたものだったのかはさておき)なかなかに衝撃的な告発である。
    だが正直前に読んだとき自分はおおいに勘違いしていたのではないかということも分かってきた…やっぱりもう一度読み直した方が良いかな。そしたら『カラマーゾフの妹』を読もう。

  • 「罪と罰」もミステリ小説なのかもね

  • 面白かったです。

  • 『カラマーゾフの妹』で江戸川乱歩賞を受賞した高野史緒が、『カラマーゾフの兄弟』をミステリとして読み解けばどうなるか……を解説した小論。
    果たしてこの通りかどうかは解らないが、矛盾点や時系列が整理されていて非常に興味深く読んだ。

    但し、『カラマーゾフの妹』のネタバレにもなってしまうので、出来れば受賞作を先に読んだ方がいい。

  • 出るべくして出たって感じですね!

    東洋書店のPR
    「ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』は、これまでその人間を深く描出す文学性の面からのみ評価され、小説としての構成の厳密さが注目されることはなかった。しかし、フョードル・カラマーゾフ殺人事件をめぐる非常に多数の登場人物の動きは、タイムテーブルにしても全く狂いのないほど高度に構築されたもので、その点はほとんど現代のミステリ作品と比べても遜色がない。ドストエフスキーが本書を出版して以来、130年間どんな研究者も気づかなかった重要点を発見し、作品解釈の鍵と幻の第二部への手がかりを探る。殺人事件の真犯人は誰だったのか? 江戸川乱歩賞受賞作『カラマーゾフの妹』執筆の背景にあった精読の成果を示す。」

全7件中 1 - 7件を表示

ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か? (ユーラシアブックレット)を本棚に登録しているひと

ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か? (ユーラシアブックレット)を本棚に「積読」で登録しているひと

ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か? (ユーラシアブックレット)の作品紹介

『カラマーゾフの兄弟』のミステリとしての側面に光を当てる!ドストエフスキーが本書を出版して以来、百三十年間どんな研究者も気づかなかった重要点を発見し、作品解釈の鍵と幻の第二部への手がかりを探る。

ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か? (ユーラシアブックレット)はこんな本です

ツイートする