女・東大卒、異国で失業、50代半ばから生き直し

  • 19人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 栗崎由子
  • パド・ウィメンズ・オフィス (2014年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864620789

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
榎本 まみ
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

女・東大卒、異国で失業、50代半ばから生き直しの感想・レビュー・書評

  • まず「この本は何を目指しているのだろうか」と言うのが気になった。
    ビジネス書なのか、半生記なのか、同年代に対してのアピール、共感なのか。
    読者層はどこ向けなのか、性別、年代別、ビジネスユーザー、、、、

    これは単に著者だけでなく「どの様な本を世に送り出すか責任を持つ」編集とのやり取りが大切なのかなぁと感じた。


    内容に立ち入ると、本書は素晴らしい気付きがちりばめられている。

    様々な方々とのご縁、思いがけないリストラ、その時自分はどうあるのか。
    自分の価値は何であるか。
    「今いる会社への息苦しさ」を感じている人なら、先ずこの本の序章4ページを読むべきだ。そこにすべての「生々しさ」が凝縮されている。

    奇しくも昨日(8/17)参加したセミナーも50代女性(マチュア世代)をテーマにした講演だった。興味深いのは日本、デンマークのマチュア世代の方が同様に「自分の価値に気が付く事」を口にされていたことだ。

    そこには性別も年代も関係ない。「自分が出来る事=自分の価値は何か」が如何に大切であるか現れている。
    その「個々の価値」こそがダイバーシティであり、個々の価値を集めて更なる価値を生み出す仕組みこそが「ダイアログ」である、と確信した。

    ダイバーシティ、価値多様性、女性の活躍についてご興味のある方は是非、本書をお読みいただき、それらについての想いを噛みしめて頂く事によりより素晴らしい「気付き」が得られることと感じている。

全1件中 1 - 1件を表示

女・東大卒、異国で失業、50代半ばから生き直しを本棚に登録しているひと

女・東大卒、異国で失業、50代半ばから生き直しを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする