海のグレートジャーニーと若者たち—4700キロの気づきの旅

  • 21人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 関野吉晴
  • 武蔵野美術大学出版局 (2013年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864630085

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
三浦 しをん
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

海のグレートジャーニーと若者たち—4700キロの気づきの旅の感想・レビュー・書評

  • 人間の知恵とは何かを考えさせられる一冊。

    舟を造る道具から作る、と言う点では非常に古式ゆかしいが、そのために全国とアジアを文明の利器である交通機関で飛び回る、と言う点では非常に現代的な旅。

    しかし、豊かになったのはよいが、人間が地球の自然の一部であることを実感するために、こうまでしなくてはいけないのが現代の先進国における不幸なのかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

関野吉晴の作品一覧

関野吉晴の作品ランキング・新刊情報

海のグレートジャーニーと若者たち—4700キロの気づきの旅を本棚に登録しているひと

海のグレートジャーニーと若者たち—4700キロの気づきの旅を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海のグレートジャーニーと若者たち—4700キロの気づきの旅の作品紹介

黒潮に乗って人々はどのようにして日本にやってきたのかを辿る"海のグレートジャーニー"。太古の人々がしたように、木を伐り、カヌーを作り、帆を織り、縄を綯い、星を見ながら航海に出よう。ひとりで経験するのはもったいない。50年後も生きている若者に、手触りや、匂いや、熱や、ほこりや、雨や、光や、風を伝えたい。旅の準備から航海まで、プロジェクトに関わる若者たちの「気づき」に寄り添う関野吉晴の1130日間。探検家のあらたな境地をひらく。

海のグレートジャーニーと若者たち—4700キロの気づきの旅はこんな本です

ツイートする