ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 井口和基
  • ヒカルランド (2013年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864711678

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3ヶ月前の2013年の年末に読んだ本です、凄い内容が多く書かれているのでアップするかどうか躊躇っていたのですが、この本の上巻はすでにアップしていることだし、この本に書かれている内容の真実について今後も興味を持ち続けると思いますのでアップすることにしました。

    この本によれば、3年前(2011)の東日本大震災は人工地震、3連発の核爆発だそうです。それで思い出したのが、当時はあったネットにあった地震サイトで、時系列的に起きた地震を示すサイトがありました。すると確かにあの地震が起きたときには、3連続の地震が発生していました。

    私はあれを見てなにか爆発が起きたように感じたのですが、それは地震サイトの特長だと思っていました。果たしてあの地震が自然現象か意図したものか、今後も興味を持ちたく思います。

    以下は気になったポイントです。

    ・2011.2.22に起きたニュージーランドのクライストチャーチ地震は、地下深部10kmであった、電磁波で地震を誘発するのであれば、あまり地下深くには到達できない。これはHAARP地震兵器によるものであろう(p29)

    ・人工地震は、地震波が高周波であり音波が出る、311東日本大震災の波形を見ると、高周波が確認される(p54)

    ・人工地震の根拠として、1)HAARPが異常に活動した、2)大地震の3連発が起きた、3)巨大津波が日本側のみ到来、北中南米には大きな被害は起きなかった、3)地下深部10kmの浅い地震、4)探掘船ちきゅうの活動拠点等、日本側だけに巨大津波を引き込む芸当は3連発の核爆弾でないと難しい(p57)

    ・テスラは、ワイヤレス送電やワイヤレス通信(無線)の研究を始めた。そして超高周波交流電源を作り出した、これがテスラ・コイルといわれるもの(p180)

    2014年3月23日作成 

全1件中 1 - 1件を表示

ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)を本棚に登録しているひと

ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)を本棚に「積読」で登録しているひと

ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)の作品紹介

3・11は人工地震だと科学的に断言する!未来のヒントは、すべてUFOが教えてくれた!HAARP観測だけでなく、地震予測はもっと簡単にできる。円盤飛行原理は反重力を利用している。これが、未来をひらく最先端サイエンスだ!

ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー(超☆わくわく) (超☆わくわく 51)はこんな本です

ツイートする