世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)

  • 35人登録
  • 4.10評価
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 倉山満
  • ヒカルランド (2016年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864714341

世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)の感想・レビュー・書評

  • の〇太こそ“諸悪の根源”、“紛争要因”?!  ドラ〇もんの人間関係で学ぶ地政学!
     
    ブログ「倉山満の砦」、コンテンツ配信サービス「倉山塾」、ネットチャンネル「チャンネルくらら」などで積極的に言論活動を行っている憲政史家の倉山満先生による著書。
      
    ■の〇太こそ“諸悪の根源”、“紛争要因”?
    冒頭、“ドラ〇もんの人間関係”を用いて地政学の説明がなされるのですが、なんといきなり、「の〇太こそ諸悪の根源であり紛争要因である」とします。
    少なくとも“地政学における相関図”においてはそうなると。
      
    一見、どう見ても“いじめられてばかりの可哀そうな子”としか思えないの〇太がなぜ”諸悪の根源“なのか。
     
    ジャイ〇ン、ドラ〇もん、の〇太などそれぞれの登場人物の“立ち位置”をよくよく整理すれば、この結果に落ち着くという結論には確かに大いに納得です。(し〇かちゃんの立ち位置などまさに言い得て妙)
     
    その後、本編で詳しく述べられていく世界史の変遷を読めば、結局、「世界史とは地政学に基づく相関関係図を正しく認識し、それを活用することができた国家が覇権を握っていく歴史である」とつくづく思わされます。
     
    地政学の視点を持ったうえで歴史の出来事を見ないと、なぜそのような出来事が生じたのか、なぜそのような帰結になり得たのか、到底理解することができないということを著者の倉山先生は様々な歴史事実を用いて解説していきます。
     
    そういう視点でいくと、大英帝国はなぜ大英帝国なり得たのか、ビスマルク体制のドイツの何がすごかったのか、大日本帝国がいかにして列強へと駆け上がっていったのか、第二次世界大戦の”真の勝者“は誰なのか、非常に分かりやすかったです。
    そして地政学的視点が欠落するということは、即ち国家の凋落を意味するということも。
     
    ■“ココセ”を繰り返し、“敗着”に至った大日本帝国
    将棋または囲碁には“ココセ”と“敗着”という言葉があるそうです。
    ココセとは、「自分にとって都合のいい手を、相手が指すことを期待すること、そこから転じて、相手の思うツボの手を指してしまうこと」であり、敗着とは、「負けの直接の原因となった指し手」を言うのだそうです。(間違っていたらすみません)
     
    日本は明治維新、日露戦争において地政学を駆使し、国力を高め、最強の帝国陸海軍を擁し、列強の一角を占めるにまで至りました。
    にもかかわらず次第に地政学的視点を失ったことを背景に、列強の中にあって滅びようがないポジションにいながら、ことごとく状況判断を間違え、”ココセ”を繰り返し、ガダルカナル島陥落で”敗着”に至り、国際社会の地図から消えてしまいました。 
     
    少なくとも地政学における国際社会においては、明治維新以前の江戸時代の状態にまで逆戻りしてしまったといっても過言ではないのではないでしょうか。
    要は、”文明開化”する以前の状態に戻ってしまったわけです。
    本書での言葉を借りれば、現在の日本は“非文明国”もしくは百歩譲って“半文明国”であるというのが関の山ではないでしょうか。
    身も蓋もない話ですが、「アクターからシアターに成り下がってしまった」とはそういう意味なのだろうと思います。
      
    ■悔しければ地政学を学び、駆使せよ
    本来なら「日本ほどの経済大国、アジアのリーダーたる日本が“半文明国”であるはずがない」と反論したいところですが、現実を見た場合、反論材料が皆無に近いことは否定しがたいです。 
    また、何も考えずに目の前の事象にとらわれて、声を上げたところで何の役にも立たないし、むしろ敵対勢力に逆利用され、”ココセ“を繰り返すのがオチなのでしょう。
     
    ではどうするか。
    本当に悔しければ、地政学を一人一人が学び、理解し、駆使... 続きを読む

  • 歴史が好きな私ですが、世界史は複数の国の関係が複雑なのと、時代によってその関係が目まぐるしく変わるような感じをもっていたので、疎遠でありました。

    ところが、地政学関連の本で一昨年辺りからお世話になっている、この本の著者である片山氏が、地政学の切り口から近代世界史を解説してくれています。

    特に、はじめに、の部分で、多くの人が知っている「ドラえもん」に出てくる登場人物の関係を、地政学の考え方で解説してくれています。思い起こせば、ドラえもんと「スネ夫・出木杉」はほぼ無関係、しずかと「ジャイアン・出木杉」とも関係が薄い中で、彼らの関係を示している(p6)は、世界史を地政学的の観点から学ぶ上で大いに参考となりました。

    日本も、大東亜戦争で敗戦国となるまでは、大国の地位を占めた時期もあったようですね。日本が大国に戻ることはあるのだろうか、アジアにおける、中国や韓国、インドとの関係は今後どうなるのであろうか等と、考えさせられた本でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・地政学とは、地理政治学のこと、地球上には土地があり、土地の上に人が住み国家があり、しのぎを削っている。その中から生まれた知恵が地政学である。土地という動かない条件を前提に、国家が生き残る術を研究する学問である(p3)

    ・白村江の戦いのころの朝鮮半島は、日唐代理戦争の舞台であった。朝鮮半島というシアターで、日本と唐というパワーズがヘゲモニーを握って争っていた。百済や任那がアクターとして存在しているうちはパワーバランスがとれていたが、新羅がパワーズになろうとして戦いがおきた。高句麗を滅ぼした後に、渤海が登場してチベットに脅かされるようになると、新羅は日本に詫びをいれてきた(p17)

    ・キリスト教は、奈良時代には伝来している、ネストリウス派「景教」である。これは、カトリックとプロテスタントから異端とされている(p19)

    ・三十年戦争において、フランスがプロテスタント連合について、カトリックのハプスブルク家を粉砕したので終わった。宗教で敵味方が分かれなくなったので、欧州ではこれを機に宗教戦争はなくなった(p23)

    ・江戸幕府は鎖国によってキリスト教を追い出したのではなく、プロテスタント側についた幕府がカトリック勢力を追い出したのが鎖国である。三十年戦争でプロテスタント側・オランダについたこになる(p25)

    ・中立は戦争している両者の敵になること、両方の陣営から、「こいつを相手にしたら厄介なことになる」と恐れられるだけの実力が必要(p26)

    ・7年戦争(1756-65)の頃の欧州の大国は、英国・フランス・オーストリア(ハプスブルク)・プロイセン(後のドイツ)・ロシア、であり、30年戦争でプレーヤーであった、スペイン・スウェーデン・オランダは没落した(p27)

    ・ロシアとトルコの戦争は、数え方では19回あるが、結果は大体ロシアの勝ちであるが、そのたびにイギリスが介入して、地中海に出てくるなと圧力をかけられた(p34)

    ・中南米からの麻薬・移民・スペイン語の流入はアメリカにとって頭痛の種、最も怖いのが、スペイン語。これが流入すると、WASP(白人、アングロサクソン、プロテスタント)の支配が危うくなる(p36)

    ・イギリスはスペインの力が北へ及ばないように防ぎ、ロシアはスペインを助ける、そのため、アメリカ大陸は英露代理戦争の舞台となる(p37)

    ・海戦史上、戦艦と戦艦がぶつかりあわない初めての戦いが、1894年の日清戦争。このような戦い方の変化を生んだ技術革新は、蒸気船の開発であった(p39)

    ・ウィーン体制は五大国の集団体制だが、実質的には英露が対立している、ロシア・オーストリア・プロイセンは三国の鋼鉄同盟で... 続きを読む

  • 憲政学者の倉山満による、地政学という視点で近現代の世界を紐解く一冊。

    各国のパワーポリティックスをドラえもんの登場人物に例えるのはとてもわかりやすい。
    また、徐々に論旨が明確で研ぎ澄まされてきた感がある。

全3件中 1 - 3件を表示

世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)を本棚に登録しているひと

世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)はこんな本です

ツイートする