ブラックジャックによろしく~Dystopia3.11~

  • 22人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 春日康徳
制作 : 佐藤秀峰 
  • ティー・オーエンタテインメント (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864721080

ブラックジャックによろしく~Dystopia3.11~の感想・レビュー・書評

  • マンガが復活!とおもって買ったら小説だった。

    内容は3.11×斎藤ってかんじ。
    結構窮地での状態を考えさせられる作品で、今回もあらためていろいろ考えさせたれた。
    著者が変わっている?けど、斎藤らしさもかわらず、面白かった。

  • 「年収一千万以上ありながら」…って偉くなったな斎藤…。でも何歳になろうと何処へ行こうと斎藤は斎藤だった。
    仮設トイレに行けなかった車椅子の女の子がお漏らししたのを「失禁」ではなく「脱糞脱尿」と表現するセンスが良かった。「失禁」じゃインパクトが無さすぎる。

  • 漫画を真剣に読んでたから、よけい残念でした。被災者でない立場の3.11は描くのが難しい。

  • 「新ブラックジャックによろしく」後の斉藤英二郎が、
    東日本大震災直後に、福島県の沿岸部のとある病院で、
    災害派遣ボランティアとして従事する様子が描かれる。

    斉藤先生の青臭さは、相変わらず健在ではあるが、
    32歳という年齢と、臨床医という経験のわりに、
    言ってること、やってることが、
    研修医時代と変わらない様子は、
    青臭いといぅよりも、成長してないといぅ感じがして、
    ちと残念でした…。
    Dr.コトーばりの臨床医になっていて欲しかった…。

    内容も、震災直後の被災地の状況を、
    正確にトレースするだけで、十分にドラマチックなのに、
    中途半端に、創作エピソードをはさんでしまってるので、
    むしろ、白々しさ感すら感じたかも…。
    作者が、被災地を自分の目で見ていたら、
    斉藤先生のキャラクター設定も、お話も、
    もっとストレートに描くことができたんじゃないかな~。

    事実は小説より奇なり、的な作品になってしまってた…。

  • たまたま本屋でみつけて読みましたが想像以上に面白かったです。久しぶりに会えた斉藤先生に懐かしさを覚えつつ、しっかり小説の中で話が終わっているのも良かったです。漫画未読の方でも震災の状況を医師の視点からみれるという点で十分楽しめると思います。
    自分も小売業で働いていまして当時は大量に水を買いに来るお客さんに疲れてしまうこともありましたが小説の中で水の大事さがよくわかり、少しでも被災地の助けになれたのかなと思うと少し嬉しくになりました。
    次作があるならまた読んでみたいですね。

全5件中 1 - 5件を表示

ブラックジャックによろしく~Dystopia3.11~の作品紹介

斉藤英二郎。32歳。名門・永禄大学医学部卒。研修医時代こそ様々な医局で衝突を起こした彼も、今は一人の医師として平凡ながら充実した日々を過ごしていた。-2011年3月11日14時46分。『あの震災』が起きる前までは。激動と混乱に巻き込まれる現場。生死をかけた手術の連続。襲い掛かる理不尽。崩れ去った日常…未曽有の震災を前にして、斉藤は自らに問いかける。「僕に出来ることは、いったいなんなんだ!?」名作コミック『ブラックジャックによろしく』のその後を描く、初のノベライズ。

ブラックジャックによろしく~Dystopia3.11~はこんな本です

ブラックジャックによろしく~Dystopia3.11~のKindle版

ツイートする