サワリの森 (TO文庫)

  • 15人登録
  • 2.20評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 西浦和也
  • ティー・オーエンタテインメント (2013年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864721516

サワリの森 (TO文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それぞれのエピソードの繋がりは弱く、クライマックスへと続く流れは唐突で、すべて必然性に欠けた印象。このあたり丁寧に書くことができたらと残念に思いました。残り3分の1ほど、誤字・脱字が頻発。終盤明らかに手抜き仕事です。TO文庫の方々は猛省を。

  • 軽く読めるけれど、不吉感いっぱいのホラー。オーソドックスなお約束要素にはホラー好きはわくわくしてしまいます。伝承・祟り・古い呪い、道具立ては万全。
    無関係に思えるシーンがだんだん繋がっていくので恐怖感倍増。読後はすっきり……と思いきや、不穏な気配は残るなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

サワリの森 (TO文庫)の作品紹介

古きものを乱暴に駆逐しながら、新しい住民の生活に必要な全てが計画的に建設された町、西城…。新しい住民と、古きもののひずみは、やがて大きなうねりとなっていく。連続する惨劇の始まりは、一軒の骨とう品屋に持ち込まれた謎の釣り針からだった…。呪われた怪談蒐集家、西浦和也が目から血を流し、視力を削りながら書き記した戦慄のホラー小説。あなたの身の毛、何度、よだつことかな。

サワリの森 (TO文庫)はこんな本です

サワリの森 (TO文庫)のKindle版

ツイートする