奇少物件100LDK (TO文庫)

  • 33人登録
  • 2.89評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 岡田伸一
  • ティー・オーエンタテインメント (2013年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864721653

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

奇少物件100LDK (TO文庫)の感想・レビュー・書評

  • あざといまでにクセのある会話も、もともとWeb小説だとわかれば納得できる。
    読者を飽きさせず、続きを読みたいとどこまで強く思わせられるか。
    個性的なキャラクターを配置し、ミステリー仕立てでありながらサスペンス要素も盛り込んでいる。
    謎めいた主人公・大和霧彦を中心に物語は展開していく。
    一冊にまとめられた小説として読み通すと、作者が意図的に各所に挟み込んでいるエピソードが、そのアクの強さゆえに上滑りしているようにも思える。
    あえてわかりやすいように伏線を張ってはあるのだけれど、登場人物たちの強烈すぎる人物像の前ではそれさえもかすんでしまっている。
    好みからいえば、「奴隷区・・・」や「だるまさんがころんだ」よりも内容的にも読みごたえからも、「希少物件・・・」のほうが好ましい。
    物語は完結していない。
    中途半端な終わり方では納得できない人は、続編も合わせて読んだ方がいいだろう。

  • 【セキュリティ会社の営業マン、大和霧彦は、巨大な屋敷を訪れていた。
    そこは財政界に名を轟かせる長門ホールディングスの会長宅。

    妖しいメイド、光によると、契約を勝ち取りたければ「長門一族、八名八問」の試験を突破する必要があるという。
    やがて、二人の前におかしな住人たちが次々と現れ、一族の秘密が明らかになっていく。

    世にも奇妙な「100LDK」を舞台に、ドSな営業マンとドMなメイドが、大富豪家族の謎に挑む!

    ゴシック長編第1弾!

    あらすじより】

  • 謎が残りすぎているため☆3つ。
    これって謎の残ったモヤモヤ感を楽しんで自分で推理して楽しむもの??しかも続編ありとの記述に沿えば…その伏線はそちらで解消されると考えてよいの!?

全3件中 1 - 3件を表示

奇少物件100LDK (TO文庫)の作品紹介

セキュリティ会社の営業マン、大和霧彦は、巨大な屋敷を訪れていた。そこは政財界に名を轟かせる長門ホールディングスの会長宅。妖しいメイド、光によると、契約を勝ち取りたければ「長門一族、八名八問」の試験を突破する必要があるという。やがて、二人の前におかしな住人たちが次々と現れ、一族の秘密が明らかになっていく。世にも奇妙な「100LDK」を舞台に、ドSな営業マンとドMなメイドが、大富豪家族の謎に挑む!ゴシック長編第1弾!

奇少物件100LDK (TO文庫)はこんな本です

ツイートする