18禁日記 (TO文庫)

  • 112人登録
  • 3.21評価
    • (7)
    • (12)
    • (11)
    • (9)
    • (4)
  • 19レビュー
著者 : 二宮敦人
  • ティー・オーエンタテインメント (2013年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864721660

18禁日記 (TO文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み始めてすぐに「あれ?」と感じた。
    確かに書かれている日記は、どれも狂気に満ちている。
    人が徐々におかしな方向へと壊れていく過程が、日記という形で突きつけられる。
    だが・・・深読みするわけではないけれど、この作家がこのまま「狂気の日記」を羅列するだけで終わるわけがない。
    予想通り、最後に二宮さんらしい結末が待ち受けていた。
    アイディアは悪くない。
    もともとはケータイ小説だったらしいので仕方がないのかもしれないけれど、物語を通して伝えたかっただろうことがいまひとつ残らないことがもったいないと思う。

  • うーん。
    なんとなくタイトルに惹かれて読んでみたけど子供向けの本だった。
    まぁサラッと読めたからあんまり時間を無駄にしなくてすんだけど。

  • "私"が他人の日記やブログを読んでいる風に思わせて、実は"私"が全部自分で書いたものだった...という展開。
    日記形式で読みやすいので、すぐ読破できましたが、少し物足りない。
    結局、1番狂ってたのは"私"。

  • 自らを守るために狂気に走った者、気付かずに狂気に染まっていた者、理由はともかく、全員が狂気の中に飲み込まれている。
    一つ一つの話が短くて、読みやすい。
    狂気は普段忌避されるが、無意識のうちに求めてしまっていると思う。
    このような話に嫌悪感を抱きながらも好奇心を抱いてしまう自分がいる。
    それに、自分が狂気に走っているか自分では判断できないから、こんなになっても、自分は至ってまともだと思ってしまうのではないか。

    どの話も恐ろしいが、私の日記が一番怖い。
    私の告白が真実だとすると…。

  • 一つ一つの日記の中には面白いものもあった。水晶体に興味を持つ小学生の日記が良かったかな。あと、絶対音感怖い。

  • 様々な勘違い人間たちを日記形式で紹介。

    単なる寄せ集めだと思って読んでいたら、
    最後に、全てが同一人物の妄想日記だと判明。

    読んでいて面白かったのはその部分だけかも。

  • ショートショート集。
    日記や手紙やメールから、それぞれが壊れていく姿を読み解く。面白かった。

  • 軽く読める壊れた本。

  • どの話も少しは分かってしまうから
    自分大丈夫かー!?
    って思ったけど
    正常と狂気の境目は薄皮1枚
    そんなの考えると病んじゃうよ〜
    と思い打ち消しました。
    こういう病み本に手を出してしまうんだよなぁ。

  • 最後の送信メールボックスの壊れ具合が何とも。
    いや、ああいう人いるかも。
    マニアックと狂気は紙一重。

全19件中 1 - 10件を表示

18禁日記 (TO文庫)のその他の作品

18禁日記 Kindle版 18禁日記 二宮敦人

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

18禁日記 (TO文庫)はこんな本です

18禁日記 (TO文庫)を本棚に登録しているひと

18禁日記 (TO文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

18禁日記 (TO文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

18禁日記 (TO文庫)の作品紹介

あと一年で失明する女。就職活動を開始した男子大学生。蚊に刺されやすい男。初体験を空想する女子高生。ブスだと気にするOL。夏休みの宿題を始める少年など…彼らは一様に「日記」をつけ始める。誰もが「フツウ」のフリをしながら、他人には言えない秘密を抱えている。やがて妄想が彼らを支配し、穏やかだった日常を破壊していく。告白、独白、ブログにメール等々と形を変えていく日記。あなたはその狂気渦巻く禁断の世界に耐えられるか!?

ツイートする