時をかけたいオジさん (TO文庫)

  • 26人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 板橋雅弘
制作 : 江頭路子 
  • TOブックス (2015年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864723343

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

時をかけたいオジさん (TO文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 設定は悪くなさそうなんだが、いまいちテンポが悪く、異世界人?らは結局何がしたいのか、という感じだった。目的自体は明かされるわけだがなんとなく薄っぺらい。作者が漫画の原作者のようなので、これがシナリオで今から肉付けする、と言われると納得できるかな。

  • SFと青春の小説。40代の子持ちバツイチのおじさんが、初恋の人と約束していて、同じ年のおばさんが現れるところに、16歳の時の彼女が現れて・・・
    その少女の正体は、違う世界の人間?だった。
    ハッピーエンドで、それなりに楽しめました。

  • TOブックスってマイナー?
    しかも知らない作家さんなんですがタイトルが気になってGET!
    つか、
    「板橋雅弘」さんってマガジンで連載してた「BOYS BE・・・」の原作者さんなのか?!
    だからか!

    SF恋愛です。

    SFに納得が行くかいかないかで微妙。
    恋愛部分も「BOYS BE・・・」っぽいですよ。
    ファンだった人には楽しく読めるのかな?

全3件中 1 - 3件を表示

時をかけたいオジさん (TO文庫)の作品紹介

平凡な中年オジさん、西東彰比古はバツイチ。寂しくも気ままな独身生活を送る46歳。そんな彰比古の前に初恋の彼女、留子が突然現れる。彼女は別次元の地球から来たという。しかも、30年前に行くはずが「次元の迷子」になったと。彰比古は、16歳の留子に翻弄されながら、なんとか彼女を30年前に行かせようとするが、未来を書きかえるため、彼女が戻るのを妨害する敵が登場し…。中年オジさんの初恋が再び花開く!!

時をかけたいオジさん (TO文庫)はこんな本です

時をかけたいオジさん (TO文庫)のKindle版

ツイートする