宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と俺の事件録 (TO文庫)

  • 28人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鈴木麻純
制作 : 双葉はづき 
  • TOブックス (2015年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864724197

宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と俺の事件録 (TO文庫)の感想・レビュー・書評

  • 帰宅途中行き倒れと思しき男に声をかけた四ノ原玲は突然男に襲われる。変態…じゃなくて相手が吸血鬼で、しかもその血を飲まされたせいで、半人間・半吸血鬼という大迷惑な体質にされてしまう。
    かつて人類に禍々しくも圧倒的な恐怖として知られた吸血鬼たち。今じゃ教会に属し日々の生活にも事欠くようになったとは世も末だ。
    『人間ドリンクバー』、ひでぇ。

  • 吸血鬼と美少年、と聞いて耽美ものを思い浮かべましたがちょっと違いました…

全2件中 1 - 2件を表示

宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と俺の事件録 (TO文庫)の作品紹介

帰宅途中、吸血鬼に襲われて以来、人外の力に悩む男子高生・玲。その元凶の男の名はエイドリアン。死ぬほど腹が減って血を吸ったと言う。かつての栄光は見る影もなく、今や六畳一間で貧乏暮らし。「人間に戻りたい」思いを抱える気弱な玲は、見栄っ張りで態度だけは偉そうな貧乏吸血鬼にこき使われながら、妖しい事件の数々へ挑む!正反対な性格の二人が織りなす、時代も種族も越えた絆が愛おしくなる現代奇譚。

宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と俺の事件録 (TO文庫)はこんな本です

宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と俺の事件録 (TO文庫)のKindle版

ツイートする