アゲインスト・リテラシー ─グラフィティ文化論 Against Literacy: On Graffiti Culture

  • 38人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • LIXIL出版 (2015年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864800143

アゲインスト・リテラシー ─グラフィティ文化論 Against Literacy: On Graffiti Cultureの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 都市空間に自らの名前(タグ)をかき残すことで、都市の中に痕跡を残していくこと。都市の歴史とともに始まったようなこういった行為が、20世紀以降の歴史の中でどのように変化していったのかということを、非常に豊富な事例で解き明かしている。

    その中で、特に「リテラシー」という観点から、それが受け取り手に対してどのように受け止められるのかということに重点を置いて分析がなされている。

    確かに、都市空間の中で行われるグラフィティという行為は、美術館のように特定のアートの意味を読み解くリテラシーをもった人に向けた行為ではなく、ほぼ不特定多数といってもよい人々の目に触れる行為である。

    その中で、だれにどのように解ってもらうかということは非常に戦略的なビジョンを要求される。また、意図的に解ってもらわないことも、時には重要であろう。

    そして、そのようなグラフィティがつくり出すコミュニケーションが、その都市空間や社会の文化的な側面を映し出し、またその地区を変えていく一つのきっかけとなる。スタイルやメッセージの内容だけでなく、そのような都市文化の変容も捉えたという意味で、非常に興味深く読めた。

    また、最近注目を集めているシャロン・ズーキン氏の議論などを参照しながら論を展開している点も、都市の新しい捉え方を実践しているように感じた。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784864800143

全2件中 1 - 2件を表示

アゲインスト・リテラシー ─グラフィティ文化論 Against Literacy: On Graffiti Cultureを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アゲインスト・リテラシー ─グラフィティ文化論 Against Literacy: On Graffiti Cultureを本棚に「積読」で登録しているひと

アゲインスト・リテラシー ─グラフィティ文化論 Against Literacy: On Graffiti Cultureはこんな本です

ツイートする