鉄川与助の教会建築 (LIXIL BOOKLET)

  • 32人登録
  • 4.63評価
    • (6)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : LIXILギャラリー企画委員会  住友和子編集室  村松 寿満子  白石 ちえこ 
  • LIXIL出版 (2012年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (76ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864805001

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
山崎 曜
坂本 龍一
石川 直樹
杉本 博司
白井 綾
ダンカン・ワッツ
エーリッヒ・フロ...
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

鉄川与助の教会建築 (LIXIL BOOKLET)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全国に1006棟ある教会のうち、長崎県には五島列島を中心に133棟(13%)が存在するという。そのうち30棟の教会の建設に携わったのが、本書の鉄川与助=棟梁建築家である。明治生まれの鉄川与助が、明治・大正時代に手がけた教会建築が、カラー写真で紹介されている。

  • キリスト教禁制が解かれて、やっと天主堂が建てられるようになった頃に、腕をふるった名建築家・鉄川与助がてがけた教会建築の写真集。与助はキリスト教徒ではなかったことにおどろき。信者たちがそのいちずな信仰によって、石を切りだし、木材を運んで、建築を手伝い、お金も集めたことは、すごいと思いつつ驚きはしないけれど、この花の天井やステンドグラス、祭壇上の見事な造形などの設計図をひいた人の情熱が、信仰によるものではなかったことに感嘆。日本の職人はすごい。

  • この人が、五島の教会建築を支えた人なんだなぁ。
    福岡の大刀洗町にある「今村教会」は煉瓦造教会の頂点を
    極めたと評されている教会だそう。
    機会があれば、ぜひ見てみたい教会のひとつだ。

  • 行ってみたいなぁ~

    LIXILのPR
    「長崎には全国の教会の一割以上を占める約130もの教会がある。禁教の苦しい時代を乗り越え、明治から昭和にかけて建造された。多くは隠れキリシタンの存在と同じように決して華やかな場所に立っているわけではないが、その佇まいは凛として、人々をやさしく包み込む。
    本書では、棟梁建築家として長崎の教会建造に惜しみない情熱を燃やし続けた鉄川与助による教会建築の軌跡を、風土色豊かな撮り下し写真とともに辿る。戦前のものだけでもおよそ30棟の教会を建て、うち4棟もの作品が国指定の重要文化財となった類い稀な才能をもった設計者だ。
    長崎・五島列島の大工の家に生まれた与助(1879-1976)は、教会建造の手伝いがきっかけで生涯に数多くの教会建築を手がけた。28歳で初めて設計・施工をした木造教会を皮切りに、煉瓦造、石造、鉄筋コンクリート造、また内部空間においてもより高い天井をめざしてリブヴォールト天井や折上天井などの工法を極めるなど、一歩一歩技術を高めながら五島を中心に九州各地で次々と教会を完成させた。技術習得の上で与助に強い影響を与えたド・ロ神父の仕事にも触れながら、信者の夢を叶えるための教会建造に挑み続けた与助による作品を、今なお祈りの地として訪れる人が多い五島列島を中心に厳選し、ディテール豊富に図版構成で紹介する。
    論考では、キリスト教の弾圧と迫害の歴史を経て生まれた長崎の教会を建築史的視点で、そして様々な素材を使いこなし、創意工夫を重ねてきた与助の教会建築の魅力をそれぞれ語ってもらう。また、与助の人となりや棟梁としての与助像を、彼を直接知る著者たちが記す。最後に大工道具から窺える質素かつ堅牢を旨とした与助の建築哲学を綴る。
    五島列島の美しい風景を垣間見ながら、鉄川与助の教会建築を詳細にひも解く初の書籍。」

全4件中 1 - 4件を表示

鉄川与助の教会建築 (LIXIL BOOKLET)はこんな本です

ツイートする