こわくない (シリーズ子どもたちへ)

  • 41人登録
  • 2.73評価
    • (0)
    • (1)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 谷川俊太郎
制作 : 井上 洋介 
  • 絵本塾出版 (2014年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864840569

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
長谷川 義史
ヨシタケ シンス...
谷川 俊太郎
あおき ひろえ
クリス ホートン
酒井 駒子
ヨシタケシンスケ
くすのき しげの...
A.トルストイ
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

こわくない (シリーズ子どもたちへ)の感想・レビュー・書評

  • ここにあることは、怖いことばっかりです。

    子どもと会話しながら、考えながら読む絵本なんだろう。子どもの明るい未来を切に願う大人の想い。
    絵本の役割も色々ある。

  • 詩のリズムの小気味良い絵本。
    文章は短くてひらがなでシンプルだけど、小さい子にはなかなか響かないかな…。じつは大人向けかもしれない。

  • 皮肉じみた言い聞かせ方が印象的です。

  • 大人に なっても 怖いものは 怖い!

  • おばけなんか怖くない。
    夜は暗いものだから。
    とうちゃんなんか怖くない。
    先生なんか怖くない。
    怒っている生き物だから。
    雷なんか怖くない。
    ただの電気だから。
    誘拐なんか怖くない。
    知らない人と暮らすのもいいものでしょう。
    戦争なんか怖くない。
    死ぬのはカッコ悪いのでさっさと逃げましょう。
    怖いものなんてないけれど、大人になるといろいろなものが怖くなるのは何故だろう。
    偉い人にヘコヘコしている。

    大人になると怖い怖い。
    戦争は死ぬのはかっこ悪いから逃げるというのはどうなのだろう。
    ちょっと違う気がする。

    小さい子は平気で虫を触ったり、殺したり出来たのに大人になったら出来なくなるのもこの類。

    子供向けというよりは大人向けの絵本。
    絵が相変わらず作者の精神は大丈夫なのだろうかと思うほど不安になる。

全5件中 1 - 5件を表示

こわくない (シリーズ子どもたちへ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする