だれのものでもない岩鼻の灯台

  • 39人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 山下明生
制作 : 町田 尚子 
  • 絵本塾出版 (2015年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864840859

だれのものでもない岩鼻の灯台の感想・レビュー・書評

  • ホタルイカの光で青く輝く灯台の影が素敵。

  • 町田尚子さんの絵がとてもあたたかいタッチで優しい雰囲気が出ていて好きです.

  • 使われなくなった岩鼻の灯台。ある春の日、ネコの一家が灯台にやってきたことをきっかけに他の動物、鳥、魚…など生き物たちの住処になります。いつの間にか灯台は賑やかになっていました。様々な視点からの灯台の風景も美しい一冊です。(約9分)

  • 使われなくなった岩鼻の灯台。しばらく経った頃、猫の親子が灯台にやってきます。次第にムササビ、カモメ、イノシシなどの生き物達もやってきて、いつの間にか岩鼻の灯台はそこに住むみんなの灯台になっていました。可愛くて良い物語ですが、タイトルが漢字のためか?なかなか手に取りにくい一冊です。

  • 山下明生・文、町田尚子・絵「だれのものでもない岩鼻の灯台」、2015.12発行です。灯台守とともに沖行く船の案内をしてきた灯台、お役御免になってひとりぼっちになりました。だれのものでもなくなった灯台に、ある日のら猫一家がやってきて2階に間借りしました。そして、ムササビや猪の一家も~。灯台は随分にぎやかになりました(^-^)

全5件中 1 - 5件を表示

だれのものでもない岩鼻の灯台はこんな本です

ツイートする