ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
  • コスモの本 (2014年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864850117

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルの「ゴーストライター」という言葉が気になって読んでみました。

    ゴーストライターを裏の仕事だと思っていましたが、職業の一つとして成り立っているんですね。

    その事実と、それだけ利用している人がいることに驚きました。

    知らないことが多々あり、楽しく読ませていただきました。

    ただ、この作品を読んでから「この本はゴーストライターっぽいな」と勝手に思うようになりました。(笑)

  • ううむ……

  • タイトルは安易なビジネス本っぽいけど、何といってもこのひとのやってることがめちゃくちゃ楽しそう。いろんなひとの生き方に触れられて、それを文章にするわけやから、ゴーストライターが自分のやりたいことなんじゃないかと思わされた。ちょっと安易な気もするけど。ライターやってみたい!と思える本でした。

  • 今、テレビで「ゴーストライター」のドラマをやっているから、気になって読んだ訳ではありません。

    ゴーストライターって、職業として捉えてみたら、どうなるのか?という素朴な疑問から、手に取り読んでみました。

    大物タレント本は、やはり、このようなライターとしてのプロがつかない限り、成功できないのは納得です。表舞台に出るよりも、裏方として、代わりに書籍にまとめる力。インタビューを含めて、相手の言葉を、文章にして伝える力。どちらも立派だと感じました。相当な力量がないと出来ない仕事です。

    でも、ゴーストにしなければいけないっていうのは、ライターの知名度の問題なのでしょうか?有名人の名前をつけないと、人は本を読まないとしたら、ゴーストライターの存在は日陰のままで終わります。

    年収1000万円稼げるゴーストライターは、売れっ子のライターと遜色ない存在なのは、間違いありませんが。

全4件中 1 - 4件を表示

ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―を本棚に登録しているひと

ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―の作品紹介

プロの裏技と稼げる極意を詰め込んだ渾身の一冊。

ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―はこんな本です

ツイートする