こんにちはレモンちゃん

  • 32人登録
  • 3.86評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 中原昌也
  • 幻戯書房 (2013年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864880329

こんにちはレモンちゃんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ん? ん~…訳分からんかったですねぇ…氏の小説はそれなりに読んでいるつもりだったんですけれども、この作品は以前のものに比べて輪をかけて難解と言いますか…まあ、やっつけ仕事感が強いですなぁ…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    それでも中には感じ入る作品もあるのであるからして、読まずにはいられません…独身の氏の孤独感? みたいなものが詰まっていると思われる作品もありましたし…まあ、最終的な着地場所は意味不明だったんですけれども…中途までは良かったです!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    短いのですぐに読めますねぇ…まあ、そんなわけで相変わらずの中原節でした。おしまい…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 悔しいかな、いつも読破してしまう…やはり…アートな作品??と言えば良いのでしょうか??
    爆発みたいな衝撃が飛んで来るんです。
    結局…この作品も好きなんだと思います。

  • 相変わらず、ひどい!
    こんなに無茶苦茶で支離滅裂で意味不明で目的不明で前後不覚な文章の羅列にも関わらず、なんで面白いと思ってしまうのか。不思議だ。
    それにしても今回は「書くの嫌だ嫌だ病」は発症しなかったね。頑張ったね。


    あ、あと装丁とイラストが怖すぎです。

  • 手放しに拍手! とはいかない。
    でも、読み始めるなり、なぜか鳥肌が立った。何も書くことがない。その向こうに見えてくる、いわばこの世の終わりに似た光景があまりに生々しくて。

全4件中 1 - 4件を表示

中原昌也の作品

こんにちはレモンちゃんの作品紹介

コーヒーカップ男と色黒調理師の奇跡的"視線"の邂逅を描く表題作ほか7篇。中原昌也メルヘン短篇集。

こんにちはレモンちゃんはこんな本です

ツイートする