関東戎夷焼煮袋

  • 38人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 町田康
  • 幻戯書房 (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864881203

関東戎夷焼煮袋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エッセイなのか、創作なのか? 
    想像を無限に展開させる様子をそのまま、文章にする際どさが持ち味。と考えるしかない。

    うどん
     伊丹十三の言う、鰹だしを沸騰させ「ひと呼吸」とは? 3分。

    お好み焼き
     情報が少ないほど相手を信用する。
     当時は今のように個人が様々な情報を得ることができなかった。相手も警戒することなく、我々も躊躇することなく。

    イカ焼き
     記憶にの中にある本場のカ焼きを食べに行く。
     ついでにではなく。検索もせず、自分の足で。
     グリーン車で。自分を追い込むために。
     一人でやるにはよほどの気合と覚悟がいる。
     しかし、
     そのイカ焼きは店員の「無」から作られていた。

     

  • どこまで本当なのか町田さん。ついていけません。

  • 津村記久子が一瞬言及されたのでなんかもう満足です。

全3件中 1 - 3件を表示

町田康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

関東戎夷焼煮袋を本棚に登録しているひと

関東戎夷焼煮袋を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

関東戎夷焼煮袋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

関東戎夷焼煮袋を本棚に「積読」で登録しているひと

関東戎夷焼煮袋はこんな本です

ツイートする