死者のための聖杯 イヴ&ローク28 (ヴィレッジブックス)

  • 70人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (8)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : J・D・ロブ
制作 : 青木 悦子 
  • ヴィレッジブックス (2012年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910019

死者のための聖杯 イヴ&ローク28 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • イヴ&ローク28作目。今作はなかなか犯人に目星がつかなかった。いつもは途中でコイツが黒幕で怪しいぞ?と思うんだけど。今回は宗教とか信仰とかなかなか深いテーマだったと思う。登場人物では元プロボクサーの神父様が魅力的で印象的でした。あとがき読んだらこの後もちょくちょく出てくるらしいので楽しみ。全体的にはハイテク捜査も無いし、張り詰めた緊張感も感じられずいつもより少々地味な感じかな〜。

  • 【イヴ&ローク28作目】今回は2つの事件か。信仰とか宗教とか、奥深いな。顔を変えても結局中身までは変わらなかったし女に身を滅ぼされてしまうってやっぱり男は女に弱いのか?少し前にロークもマギーを見抜けてなかったし(苦笑)

  • 死者のミサをつかさどる司祭が、聖なるワインを口にした瞬間、絶命した。ワインには毒物が含まれていた。ただちに捜査に乗り出したイヴたちは、やがて思いがけない事実を突き止める。被害者は何年ものあいだ司祭になりすましていた別人だったのだ。果たして何のためになりすましたのか?春のニューヨークを揺るがす奇怪な事件にイヴとロークたちが敢然と挑む!

    原題:Salvation in Death (2009)
    訳者:青木悦子

    ヴィレッジブックス(2012.08)

  • どんどん知り合いが増えて、いろいろな人が登場してますます面白くなってきた!
    捜査班(?)のチームワークも最高♪
    みんな優秀で、熱心で、読んでいて爽快です。
    話の進め方も、動きがあるのでわくわくします。
    アメリカらしい感じ。

    今回の被害者は司祭。
    ということで、キリスト教関係の人たちが登場しています。
    宗教に対する考え方(思想的なもの)も、考えさせられます。
    読み応えバッチリ。
    面白かったです♪

  • イヴとロークの仲が安定していて、イヴの奥さんぶりも微笑ましい。
    新しいキャラクター登場か?!今後が楽しみ。

  • 連続殺人犯じゃない分スリルはないけど、内容が深いわぁ。

  • うーん。最近、訳の仕方とかルビの振り方が気になる。
    そこ、英語のルビいらなくない?って思うところがあった。

    まあ、それはともかく、どうやら新キャラ登場。
    ロペス神父。
    性格がロークと似ていると、イブが言うおひと。
    そんなこと言われたら、これから彼とロークがどう友情(?)を築いていくのか気になるでしょ!

    でも、お願い。お願いですから、バクスターとトゥルーハートを出して!(必死)
    ディックヘッドも出て来なくなったし~~!
    モリスは今回出てきたけど、恋人だと!?
    ショック。

    個人的には、またロークの家でみんなでグリルパーティーでもしたらいいじゃないのよと思う。
    あ、でも結婚式がありますね!

  • 新レギュラー?チャレ・ロペス司祭 読むのにてこずりました。盛り上がりに欠ける1作でした。

  • 安定したシリーズではあるのですが、さすがにマンネリ化してきたかな。
    キャラの関係性が動く所が好きなので、新キャラに期待。

  • 購入済 読了

    内容紹介
    大人気ロマンティック・サスペンス第28弾登場
    死者のミサをつかさどる司祭が、聖なるワインを口にした瞬間、絶命した。
    ワインには毒物が含まれていた。
    ただちに捜査にのりだしたイヴたちは、やがて思いがけない事実を突き止める。
    被害者は、何年ものあいだ司祭になりすましていた別人だったのだ。
    果たして何のためになりすましたのか?
    イヴが当惑する折、第二の殺人事件が発生した。
    ある宗教団体の教祖が信者たちの前で演説中に、毒物が入れられた水を飲んで死亡したのだ。
    春のニューヨークを揺るがす奇怪な事件にイヴとロークたちが敢然と挑む!

    久しぶりにイヴが自分の過去と向き合えば、ロークもその影響を受ける。お互いが理解しつつ捜査がすすむ感じはいつものようにこきみがいい。
    次回はチャールズの結婚式なんだろうな、という展開の中、個人的にはマイラのお買い物好きな一面が見れたのも一興でした。

    5年以上かけた計画、ねぇ。
    気が遠くなりました。

    Salvation in Death by J.D.Robb

  • イヴ&ロークシリーズにしてはうーんって感じ。特に面白いエピソードもセリフもなく、心に残る二人のシーンもなくて、あら終わっちゃったのねって感じなんだけど…。強いて言えば、壊れた人形だったマリーナに人格ができたことかな。あと、ケーキのマンハッタンは見てみたいな。モリスのオシャレさんぶりもますますゼッコーチョーだし、バクスターにもしかして彼女ができるのか?って期待もあるし、珍しくロークが夢を見てイヴがいてくれるだけで慰められるって言うセリフもあったか。こうして見ると悪くないかも。星二つから三つにしとこう。
    あ、バッグ争奪戦もあった。笑

全11件中 1 - 11件を表示

J・D・ロブの作品一覧

J・D・ロブの作品ランキング・新刊情報

死者のための聖杯 イヴ&ローク28 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死者のための聖杯 イヴ&ローク28 (ヴィレッジブックス)に関連するサイト

死者のための聖杯 イヴ&ローク28 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする