アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)

  • 111人登録
  • 3.55評価
    • (7)
    • (15)
    • (12)
    • (5)
    • (1)
  • 21レビュー
制作 : 上篠ひろみ 
  • ヴィレッジブックス (2012年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910170

アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お菓子探偵ハンナ 第13巻

    ぷぷ これはミステリなのか?
    まるでロマンス小説。
    殺人事件は物語半分くらいでようやくおこります。
    殺されたのはハンナの昔の恋人で筋金入りの女たらし。
    ハンナの妹ミシェルにまで手をだしてるし・・・

    なんだか今回はマイクが素敵!?
    逆に昔の歯科医仲間に会ったノーマンはどこかよそよそしく様子がおかしい。
    おお!これは新たな展開か!(あくまでもミステリじゃなくロマンスの部分です)
    しかも今回も続きが気になる終わり方で・・ううう~

    モシェとカドルズ、二匹の猫に加えてディロンというおりこうさんの犬も大活躍でまだまだ楽しみなシリーズ
    読むときは必ずクッキーとコーヒーを用意するのです
    途中で絶対食べたくなるから。

  • お菓子探偵ハンナのシリーズ13作目。
    好感の持てるシリーズです。
    今回はある異変が‥?!

    6月、故郷のレイク・エデンでクッキー店を経営するハンナは、今日も大忙し。
    町長夫人のチャリティ・パーティーに大量のクッキーを届けたり。
    歯科医でBFのノーマンが出張したので、愛猫を預かったり。
    またしてもマジック・ショーの助手をする羽目になったり。
    何よりも困っているのは、かっての恋人ラムジーが、客員教授となってやって来て、ハンナの末妹ミシェルに接近していること。
    最初はハンナを覚えてもいない様子だったラムジーが、ひそかに迫って来て‥?

    ともに捜査をする間、もう一人のBFマイクとの仲がやや進展。こちらはもう終わりかけたかと思わせておいて、いや~まだまだ?
    ノーマンの様子がおかしく、最後に爆弾発言が‥!

    いきいきしたユーモラスな描写とにぎやかな登場人物、親切で気取らないハンナの人柄で、楽しく読ませます。

  • お菓子探偵ハンナシリーズ13作目。
    もう事件とか、いいよねw
    今回は第11章のラストで殺人が起こるのだけど、第10章の冒頭で犯人も被害者も動機も丸わかりになる展開。
    ハンナを中心とした三角関係の天秤がノーマンに傾いてきたので、マイク側にポイントを与えるためのストーリーのように思えた。
    なんというか、この感じはシャム猫ココシリーズの後半のグダグダを彷彿させるなぁ。
    それでも上條さんの訳は読み易くてサクサク読めるし、長い間離れていても街の中の人間関係を一瞬で思い出せるのはさすがです。

  • ハンナさんは男性三人も生殺しにしてるのに、全員失いたくないとはなんと贅沢な。

  • クッキー店を切り盛りするハンナが活躍するコージーミステリー、第13作。毎回楽しみにしているのだけど、今回も期待を裏切りませんでした。



    (*^_^*) いつも思うことなのだけど、アメリカの人ってクッキーを日常的に食べるものなんですね。
    軽い食事の代わりにもなるみたいで、ハンナの焼くクッキーの匂いや食感にはいつもとってもそそられます。
    (そういえば、別のコージーシリーズでもクリスマス前にご近所どうしがそれぞれのレシピで焼いたクッキーを持ち寄って交換する会があって、それは本当にクリスマスにたくさんクッキーが必要だから、という実用性がかなりあるものだった。)

    私は普通の日本人の女の子(あはは・・気持ちだけはいつまでも女の子!)としてお菓子は大好きだけど、普段、そんなには食べないクッキーがすっごく食べたくなってしまうんですよ。
    ハンナのクッキーは美味しいだけではなく、頭をすっきりさせたり、元気を回復させるという効用があるみたいで、もう13作めになるというのに、毎回、新作がどっさり紹介されるのも楽しい。

    で、肝心のミステリーは、というと、毎回、やなヤツ(汗)が殺され、ハンナが犯人リストを一人ずつつぶしながら素人探偵の操作を勧め、ギリギリのところで意外な犯人から危ない目にあうのだけど無事救出される、という王道(*^_^*)を今回もしっかり踏まえて、でも、全然、マンネリとは感じさせないところが不思議なんだよね。

    ハンナの家族や恋人たちを含めた町の人たちもすっかりお馴染みで、この本を読むと私もその小さな町に帰省したような心持ちに。

    今回も、殺人事件の他に、ハンナの義弟のヘッドハンティング、歯医者のノーマンの挙動不審、警察官のマイクの甘いキッス、などドキドキの要素がいっぱい。
    特に、ノーマンに関しては、次号に持ち越す爆弾を提示してくれてて、14巻目が今からまたまた楽しみです。

    ハンナは結局、誰とゴールインするんだろう。
    このまま恋人たちとのあれこれでお話を引っ張るんだったらずっと独り身なのかなぁ。

    そろそろ、そこは落ち着いてもいいような気がするんだけど。

  • もうコージーミステリから足を洗おう?と思っているのだけれど、このシリーズはやめられない感じ。すっごくおもしろいってわけでもないし、毎回おんなじような話だって気がするんだけど、しかも、クッキー食べる場面が増えてレシピも増えてる気がするんだけど、それでも読んでてここちいいのはなんでなんだろうか。やっぱり語り口のよさなのかな。コージーらしく、町の個性的ないろんな人が出てくるけれど、くどくないし、したがって全体の長さもちょうどいい感じ。
    あと、話の続け方がうまいよな、と。次作がものすごく気になるようになってて、しかもそれがわざとらしくなくて。というわけで、次作も読みます。

    アップルターンオーバーって、つまりは、三角形のアップルパイのことだったんだと知る。

  • H24.10.29
    コージーミステリー
    シリーズで読み続けてる。ハンナの作るクッキーはいつも美味しそうで作りたくなる。
    ずっとノーマン派だったけど今回でマイクにかたよりそう。
    事件も楽しいけど3人の恋の行方も気になるおはなし。

  • キャラ達がいきいきと動き回り、お菓子もおいしそうなのは変わりませんが、停滞していた恋愛部分に変化が出てきたのが嬉しい。特に次作へと続くノーマンの事情が気になるので、早く続きが読みたいです。

  • ミステリー小説読んでても犯人誰とか全然分かんない私が、ラムジーが殺される前に、あーこいつが犯人になるんだろうなって分かったけど、おもしろかった!しかしノーマンの連れてきた女の人とかビルに好条件の転職話を仕掛けてきた人とか次巻がまた待ち遠しい!!毎年10月が楽しみすぎる!あとトレイシー可愛い。紫ドレスの運命にはちょっと笑った^^私もおいしい朝ご飯を用意してくれる妹が欲しい。

  • クッキー・ジャーシリーズの第十三作。

    元恋人はもうちょっと活躍する(悪い意味で)と思っていたのに、
    殺されてしまうとは。
    でも、途中で妊娠が動機なことに検討がついてからは、
    犯人も分かったので、
    がぜん興味はノーマンの態度に集中した。

    なんと、歯学部時代の友人の女性を連れてきて、
    クリニックのパートナーにするとは!

    それにしても、アンドリアの夫ビルににせの就職話をもちかけたのは誰なのか、
    そこが最大のミステリーだったのかも。

全21件中 1 - 10件を表示

ジョアン・フルークの作品一覧

ジョアン・フルークの作品ランキング・新刊情報

アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アップルターンオーバーは忘れない (ヴィレッジブックス)の作品紹介

"クッキー・ジャー"の6月はとにもかくにも忙しい。それでも頼まれるとイヤとはいえないのがハンナ。町長夫人主催のチャリティーパーティ用に大量のお菓子を焼いて、出張中のノーマンの愛猫を預かり、隠し芸大会に出るハーブのマジックショーの助手も引き受けて、さすがにへとへと。でもハンナには他にも気になることが。あの女たらし、レイク・エデンの客員教授になった元恋人ラムジーが末妹ミシェルと関係を深めているようなのだ。昔のことを妹に話すが悩んでいた矢先、死体となったラムジーを発見し…。犯人探しも私にまかせて!意外な展開が次々と、大好評お菓子探偵シリーズ第13弾。

ツイートする