漆黒のエンジェル 不死人夜想曲#1 (ヴィレッジブックス)

  • 51人登録
  • 3.45評価
    • (4)
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 堀川志野舞 
  • ヴィレッジブックス (2012年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910194

漆黒のエンジェル 不死人夜想曲#1 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 主人公のキャラ造形なんかは好きですが、ストーリーはありきたり。
    前半部分の展開も少し遅くてもたつく感じ。
    扉絵のほか中にもイラストが付いているラノベです。

  • 2013年9月29日読了。

    軽い。全てにおいて内容に厚みがない。薄っぺら。ダーメンが不死人になった理由とか、前世でのエヴァー&ダーメンの出会いとか、ドリナとの関係の経緯とか、サラーッと語っただけで終わり。そして全ては愛で救われる、めでたしめでたしってあーた!

    これが映画化予定とはねぇ・・・。

  • 2巻まで所持。
    こんなに主人公に苛ついたのは、初めてかもしれない。

    いくらイラストの人が好きでも、やっぱり小説は中身が大事だと改めて思った。

  • 霊視ができ他人の心の声がわかる女子高生エヴァーとミステリアスな転校生ダーメン(不死の人間(イモータル)でもある)の恋のお話。

    「トワイライト」と似通った設定でもあるけど・・・・。エヴァーが何回もドリナに殺され、転生していたというのがびっくりした。またまたエヴァー自身もイモータルになっていたとは。

    シリーズが全六作あるとのこと。割とすっきり収まったけど、次作はどうなるのかな。

  • イモータル(不死の人間)とワケアリ高校生との恋の物語です。

    「トワイライト」のような心ふるえるストーリーを期待していたのですが、主人公のエヴァーがその能力のせいか始終ウジウジしていて、ダーメンもエヴァーに対して意味深に近づくわりに何を考えているのか読めず、その行動にも?で、もやもやが残りました。結局ラストは比較的うまくまとまるのですが、まだ二人の間は問題も山積みで、次作も前途多難そうです。

全5件中 1 - 5件を表示

漆黒のエンジェル 不死人夜想曲#1 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

漆黒のエンジェル 不死人夜想曲#1 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

漆黒のエンジェル 不死人夜想曲#1 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

漆黒のエンジェル 不死人夜想曲#1 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする