冷ややかな血脈 イヴ&ローク29 (ヴィレッジブックス)

  • 68人登録
  • 3.90評価
    • (4)
    • (10)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : J・D・ロブ
制作 : 香野純 
  • ヴィレッジブックス (2012年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (562ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910286

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

冷ややかな血脈 イヴ&ローク29 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • イヴ&ローク29作目。仲間の検死官モリスの恋人が殺される。恋人を失い悲しみ打ちのめされるモリスの様子は読んでいて辛いし涙してしまった。選択次第で大きく変わっていく人生、犯人が選択したものはあまりにも愚かだと思う。イヴとロークは最悪な境遇のなか信念を持って人生を切り開き、そしてお互いにめぐり合う…なんか深いものを感じながら読みました。悲惨な事件の合間のブライダルシャワー!巻き込まれるイヴがかわいい。友達はメイヴィスだけだったのに…微笑ましい。つぎは結婚式かな?そして事件はこの後も次々と起きるんですよね。

  • 【イヴ&ローク29作目】29作目なのにまだ結婚して2年とか今さらながらビックリ。今回はモリスにとって凄く悲しい出来事になってしまい複雑な心境。いつかモリスにまたいい人が現れて欲しい。アレックスが間抜けだったけど父親のように冷酷でなくてよかった。

  • ニューヨークの分署勤務の美しい女性捜査官アマリリス・コルトレーンが殺害された。彼女はイヴと面識があったばかりか、主任検死官のモリスと相思相愛の仲だった。悲嘆に暮れるモリスに深く同情しつつ、イヴたちは捜査を開始する。やがて捜査線上に容疑者として浮かび上がったのは、アマリリスが以前交際していた男。意外なことに、その男の父親はかつてイヴたちが逮捕した稀代の犯罪者であり、ロークともかかわりがあった人物だった…。

    原題:Promises in Death (2009)
    訳者:香野純

    ヴィレッジブックス(2012.12)

  • 今回の被害者は、モリスの恋人で、同じ警官。
    身内が亡くなるって、想像がつかないです。
    しかも殺人は・・・

  • モリスの恋人が殺された・・・イヴには辛い内容だったが、ロークとの絆がますます深まり、微笑ましい。サマーセットとのやり取りには心あたたまるものがあった。安定したシリーズ。

  • 夫婦の絆がより深くなってきましたね。

  • 『ユダの銀貨が輝く夜』の関連作。モリスの恋人で警官のアマリリス・コルトレーンが殺されて、イヴが捜査管となる。また、日常ではルイーズのウェディングシャワーに振り回されるイヴが愉快。地方検事補のシュール・レオがイヴの取り巻き女性の布陣に入ってきている。

  • 安定して面白いです。
    あまり目新しい所は無いのですが、常に一定の面白さがあります。

  • お願い!翻訳者は複数いてもいいから、訳を統一して!(涙
    いままで英語発音で書かれていたのが日本語だったりして、統一感のなさにがっくりする。
    あと、誤字あった……。
    翻訳も校正も大変なのは、すごくわかる。わかるけど、もうちょっと……もうちょっと……!
    あと気になったんだけど、モリスの彼女、最初の登場のときマギーとかマグノリアとか言われてなかった?


    内容的にはいつも通りなので割愛。
    バクスターが結構出てきてそれがすごくうれしい!チャールズの登場はすくなかったけどね!
    トゥルーハートも名前だけじゃなく、顔をちらっと見せてくれたのでまあ満足です。次はしゃべってほしい。
    毎回言ってるけれど、バクスターとトゥルーハートがメインのスピンオフが読みたい。ものすごく読みたい。このコンビがめっちゃ好き。
    男性陣のラスベガスツアーが結果だけだったのが残念です。
    いつかまた、今度はモリスも加えてどこかに男性陣だけのツアー行ってほしい。で、詳しく教えて!

  • シリーズも長くなって、イヴがどんどん丸くなってくる。
    しかし、過去の作品との絡みがすぐに思い出せない。
    今回関連の深い「ユダの銀貨が輝く夜」は2006年だって。作中じゃ1年前なのに。。。

  • イブとロークの絆はますます固く、いまやファミリーと化したいつもの面々のしっちゃかめっちゃかぶりも健在で何より何より。イブもすっかり成長して今回はモリスのために心を砕き、何とサマーセットからあなた様を誇りに思っておりますなんて言われ目を丸くするのだ。モリスの悲しみに心が痛いが、ブライダルシャワーをめぐる騒ぎは楽しい。このシリーズでは事件とは関係なく心に残るシーンがあるが今回はこの文章。
    ロークが彼女のために植えたパンジーのあいだをー咲き誇る"お帰り"のあいだを通り抜けて、邸内に入った。
    くー、うらやましい!

  • 購入済み 読了

    内容紹介
    ニューヨークの分署勤務の美しい女性捜査官アマリリス・コルトレーンが 殺害された。
    彼女はイヴと面識があったばかりか、主任検死官のモリスと相思相愛の仲だった。悲嘆に暮れるモリスに深く同情しつつ、イヴたちは捜査を開始する。やがて捜査線上に容疑者として浮かび上がったのは、アマリリスが以前交際していた男。
    意外なことに、その男の父親はかつてイヴたちが逮捕した稀代の犯罪者であり、ロークともかかわりがあった人物だった……。

    今回はイブがロークの恐れを理解したことと、ブライダルシャワーが彼女の節目だったと思う。人間関係が構築されてきて、それが壊されて、正義を探す。モリスが見ていて痛々しい。
    自分の周囲の人たちとの距離の取り方に戸惑いつつも「家族」が増えた実感がイブを成長させている気がする。
    ギャラハットもベラもちゃんとサマーセットに甘やかされ、イブは甘やかされていることに気がつかない。それでいいのだと思った今回の巻。
    アレックス・リッターは再登場の予感。

    Promises in Deth bya J.D.Robb

全12件中 1 - 12件を表示

J・D・ロブの作品一覧

J・D・ロブの作品ランキング・新刊情報

冷ややかな血脈 イヴ&ローク29 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冷ややかな血脈 イヴ&ローク29 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冷ややかな血脈 イヴ&ローク29 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする