魔女の契り 上 (ヴィレッジブックス)

  • 207人登録
  • 3.94評価
    • (19)
    • (23)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : 中西和美 
  • ヴィレッジブックス (2013年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910422

魔女の契り 上 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダイアナの力、安定せずの巻(笑)まぁ、そのせいで過去にいかなきゃいけないハメになったんだけどね。アシュモールはダイアナが書いたんじゃないの?って気がしてきたよ。マシューの傲慢さがちょっと鼻につく感じ。あとキット!なんかムカつくわ~ハルはいい人ね。フィリップ父さんがカッコイイなぁ。自分が不死ではないことを知り、そして息子の花嫁、それも魔女を祝福してくれたし。ところどころで現代描写があるけど、フィリップからイザボーへのメモや、ダイアナの残したノートの行方が気になる!

  • 生命の謎を解くカギと信じアシュモール782と呼ばれる本を求め、コングレガシオンの追手から姿をかくし16世紀末に逃れた二人。ヴァンパイアのマシューはかつて生きた時代、不死の自分より先に死んでしまった友人たちや政敵に再会したりも。その時代のマシューは21世紀のマシューがやって来たあおりで、同じ時代に二人の同一人が揃わないよう、どこかへ消し飛んで入れ換わったことになってます。ダイアナは本を探しながら、同時に自分の魔女としての能力を把握すべく手助けしてくれる魔女を探してがんばります。予想外の展開があったり、魔女たちの特性や魔力の解説があったり、とても興味深く読了。エリザベス女王、シェイクスピアなど、実在の人物も多数出てくるので、西欧の歴史、特に文学史に詳しい人ならもっと余計に楽しめそう。すごく面白かったものの、前作の内容がうろ覚えで、キーマンの名前が出て来ても「魔女だっけ?デーモンだっけ?ヴァンパイアだっけ?誰だったっけ?」という、ハリー・ポッター状能。三作目が出たタイミングで、最初から通しで読まなければ。マシューの甥、ギャロウグラスがいい味を出してました。きっと次作にも出てくるだろうから今から楽しみです。

  • 「魔女の目覚め」は読んでませんが、、、

    ヴィレッジブックスのPR
    「『魔女の目覚め』に続く、全世界待望のシリーズ第二弾!

    魔女の家系に生まれながら、魔法を否定して生きてきた歴史学者ダイアナ。だが一冊の謎に包まれた写本と天才科学者のヴァンパイア、マシューとの出会いが彼女の運命を一変させる。ふたりを結びつける強い絆、さらにダイアナの呼び覚まされた未知なる力は、闇を総べる者たちを脅かすに十分だった。運命にあらがうため、ふたりは“種”の起源にまつわる写本の行方を追って16世紀末のエリザベス朝イングランドへたどり着くが、そこで待っていたのは、マシューのかつての仲間で、〈夜の学派〉と呼ばれる急進派思想の者たち、そして、ヨーロッパに忍び寄る魔女狩りの不気味な足音だった─。」

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    魔女の家系に生まれながら、魔法を否定して生きてきた歴史学者ダイアナ。だが一冊の謎に包まれた写本と天才科学者のヴァンパイア、マシューとの出会いが彼女の運命を一変させる。ふたりを結びつける強い絆、さらにダイアナの呼び覚まされた未知なる力は、闇を総べる者たちを脅かすに十分だった。運命にあらがうため、ふたりは“種”の起源にまつわる写本の行方を追って16世紀末のエリザベス朝イングランドへたどり着くが、そこで待っていたのは、マシューのかつての仲間で、“夜の学派”と呼ばれる急進派思想の者たち、そして、ヨーロッパに忍び寄る魔女狩りの不気味な足音だった―。

    面白さ継続中。
    感想は下巻が終わってからにします。

    Shadow of witches by Deborah Harkness

  • 16世紀の生活の描写に浸れました。あの頃のイギリスの歴史に興味がある人なら2倍楽しいのかな?
    協力者もいるけど、クレアモント一族と敵対するヴァンパイアも出てきたり、ふたりが過去へ行ったことで、未来も変わりそうな記述があったりで、ますます目が離せない展開に。

  • 読まなくても良かった。とっても退屈。ロマンチックな話は、速やかにしてほしい。とても烏滸がましいのだけど。と、続きは気になるのだけど。

  • 登場人物が多い。ページ数も多い。16世紀の女性のドレスがわからない。我慢して読み進むしかない。

  • なんといっても世界観が大好き!!
    これはそれだけで読んでいて楽しいんだけど、ちょっと知識は必要かも。
    字だけでは分からないこともあるから。
    今回は過去に戻っての話し。
    二人が色んな試練に立ち向かっていくのが読んでいて楽しい。
    が、私には理解できないところでけんかをしたり、隠し事をしたりしているので、その点だけは、読んでいて、私までイラッとしちゃいます……

  • 前作を読んでからかなり日がたってしまったので読むのに苦労した。とにかく人の名前が一致しなくて大変だったけど読み進めるうちに楽しくなってきた。妊娠…続きが楽しみ。

  • 1590年にタイムウォークする話。
    でフィリップに会ってマシューと結婚する話。

    マシューにちょっと苛立つが彼も色々あったのだろう。
    あとダイアナの魔女としての教育を受けるために右往左往する話でもある。

全17件中 1 - 10件を表示

デボラ・ハークネスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

魔女の契り 上 (ヴィレッジブックス)に関連する談話室の質問

魔女の契り 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔女の契り 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔女の契り 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔女の契り 上 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

魔女の家系に生まれながら、魔法を否定して生きてきた歴史学者ダイアナ。だが一冊の謎に包まれた写本と天才科学者のヴァンパイア、マシューとの出会いが彼女の運命を一変させる。ふたりを結びつける強い絆、さらにダイアナの呼び覚まされた未知なる力は、闇を総べる者たちを脅かすに十分だった。運命にあらがうため、ふたりは"種"の起源にまつわる写本の行方を追って16世紀末のエリザベス朝イングランドへたどり着くが、そこで待っていたのは、マシューのかつての仲間で、"夜の学派"と呼ばれる急進派思想の者たち、そして、ヨーロッパに忍び寄る魔女狩りの不気味な足音だった-。

ツイートする