くちづけに震える黄金 (ヴィレッジブックス)

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 小田川佳子 
  • ヴィレッジブックス (2013年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (570ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910651

くちづけに震える黄金 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)

    ニューヨーク州、アディロンダック山脈。かつてこの地で、兵士一行とまばゆい金塊が忽然と姿を消した。美貌の考古学者CCは歴史の闇に秘められた謎を解くため、200年前の手がかりが発見されたファレル・マウンテンに向かう。金めあての発掘を嫌う実業家ニック・ファレルは彼女を冷たく拒絶するが、ある思惑から態度を豹変させ…。RITA賞受賞の実力派作家が贈る、ジェットコースター・ロマンス!

    さすが、です。でも2作目ってすごい構成力です。
    バディがいい感じ。奥様出てこないのかなぁ。
    とにもかくにもパパと和解できてよかった。そこが一番人間関係の根本だもね。
    お嬢様ができるとは思えない仕事だったけど、それもありかなぁ。

    Heart of gold by J.R.Ward

  • 若い二人の家出が無残な結果にならなくて良かった。

  • 面白かった。ブラックダガーシリーズのような強烈さはないが、普通の日常から始まるのに、グイグイ読まされてアッという間に読み終えてました。
    考古学者のカーター・ウェセックスと、実業家で発掘地の持ち主であるニコラス・ファレルのロマンス。
    最初から惹かれあう二人のすれ違いだが、時にホロリ、時にユーモラスにとロマンスは進み、壮大な冒険ではないが事件や発見が、最終的にはいい具合な読後感にもっていってくれる。

全3件中 1 - 3件を表示

くちづけに震える黄金 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

ニューヨーク州、アディロンダック山脈。かつてこの地で、兵士一行とまばゆい金塊が忽然と姿を消した。美貌の考古学者CCは歴史の闇に秘められた謎を解くため、200年前の手がかりが発見されたファレル・マウンテンに向かう。金めあての発掘を嫌う実業家ニック・ファレルは彼女を冷たく拒絶するが、ある思惑から態度を豹変させ…。RITA賞受賞の実力派作家が贈る、ジェットコースター・ロマンス!

くちづけに震える黄金 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする