潮風に殺意が漂う 下 (ヴィレッジブックス)

  • 15人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 阿尾正子 
  • ヴィレッジブックス (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864911474

潮風に殺意が漂う 下 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻に、レビュー済み

  • しばらく前に読んで予想より面白かった。ハーレクイン的な読み物とか普段読まないから、どんな事になってんのかと思ったけど、要するにBLの男女版よね〜\(^o^)/ 長いシリーズらしく、登場人物多すぎ! テレビシリーズによくあるタイプの群像劇的で、主要キャラが都度入れ替わる仕様。主題のロマンス以外にもアクションやサスペンスも盛り込んでて、ちゃんと読ませる。キャラが多いからか、展開が早くて、ハリウッド映画みたいに最後はハッピーエンドって言う安心設計。で、何でこれを読もうかと思ったのか…大好物の翻訳BLが不足してて、海外ではロマンス系の作家がM/Mを書くのは珍しくないらしいし、探してたらシリーズの中にゲイが紛れ込んでたw 主要キャラにゲイのFBI捜査官がいて、他の男女の恋愛の合間にヤツの恋愛遍歴が混ざってるので、もうそこだけ拾い読みw この後の新刊は丸々一冊ヤツの話なんだが、この巻のエピソードが面白かった!

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    ゲイのFBI捜査官ジュールズは、かつて強く惹かれあったことのある俳優のロビン・チャドウィックと再会し、ふたりとも動揺を隠せなかった。また、リックとアニーは相手に心を奪われながらも、素直になれずにいた。バーンズの組織への潜入捜査をおこなっていたそんな彼らは、やがて思わぬ出来事がきっかけで素性がばれ、絶対絶命の危機に陥る。果たして彼らが生き延びるすべはあるのか?

    上巻はふぅん、と読んでいましたが、後半はジェットコースター。
    アニーにアル中という病気の知識があってよかった。
    そしてラストに救いがあって一安心。

    Force of nature by Suzanne Brockmann

  • ジュールズの恋、完結。

全4件中 1 - 4件を表示

スーザン・ブロックマンの作品

潮風に殺意が漂う 下 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

ゲイのFBI捜査官ジュールズは、かつて強く惹かれあったことのある俳優のロビン・チャドウィックと再会し、ふたりとも動揺を隠せなかった。また、リックとアニーは相手に心を奪われながらも、素直になれずにいた。バーンズの組織への潜入捜査をおこなっていたそんな彼らは、やがて思わぬ出来事がきっかけで素性がばれ、絶対絶命の危機に陥る。果たして彼らが生き延びるすべはあるのか?

潮風に殺意が漂う 下 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする