スペシャリテには罠をひとさじ (ヴィレッジブックス)

  • 22人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 和爾桃子 
  • ヴィレッジブックス (2014年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864911610

スペシャリテには罠をひとさじ (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 没落した貴族令嬢アリアナは、父の仇を追い潜り込んだレディの屋敷で殺人事件に遭遇する。
    第一容疑者となった彼女は謎めいた伯爵に匿われることになるのだが…。

    何このレイアウト!
    非常に読み難かった。内容が頭に入らない程度に酷かった。
    せめて各章の冒頭の覚書はフォントを変えるとか、レシピは頁を改めるとかしようよ。
    話のネタ元は興味深かったし、貴族たちの持って回った言い回しも面白かっただけに、本として残念だったのが惜しい…。

  • 2014年12月3日読了。

  • 18世紀の貴族の話なので、少し硬い雰囲気。恋愛要素も今風ではないのでほのかな感じ。
    とはいえ行動派な主人公が駆け回るので飽きずに読めました。

  • チョコレートのレシピがちりばめられたミステリ。こんな構成の本が大好物。実際作るわけではないけれど、見かけるとついつい読みたくなってしまう。
     面白くないわけではないけれど、なんとなく物足りない印象。ヒーローとヒロインの心の動きが分かりにくかったせいだろうか。でも、続きがあるらしいので、出たら購入してしまうかも。

全4件中 1 - 4件を表示

スペシャリテには罠をひとさじ (ヴィレッジブックス)の作品紹介

没落した貴族令嬢アリアナは、父の仇を追い、情報通のレディの屋敷にフランス人天才コックとして潜りこんだ。しかしある夜、彼女の特製デザートを食べた英国皇太子が毒に倒れてしまう。犯人として追われるアリアナは、謎めいた黒髪の伯爵にかくまわれることになるが-19世紀ロンドンを舞台に、華麗なる復讐と社交界の陰謀、贅沢なチョコレートの味わいが溶けあう、魅惑のロマンティック・ミステリー!レディ・アリアナとセイブルック伯爵が活躍するリージェンシー・ミステリー三部作の第一作。

スペシャリテには罠をひとさじ (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする