夢見る赤毛の妖精 (ヴィレッジブックス)

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 高橋恭美子 
  • ヴィレッジブックス (2015年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864912006

夢見る赤毛の妖精 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 邦題通り夢見る天然ヒロインと、ヒロイン一族に復讐を誓う東インド帰りの伯爵ヒーロー。
    復讐目当てにヒロインに近付くもヒロイン父にそれをバラされる。ただその後のヒロインの行動がまさにアマンダ・クイック。
    天然ちゃんに振り回され、何度もヒロインの起こした後始末をするヒーローが何だか可愛らしい。
    ヒロインの裏表のない言動でヒーローが復讐という苦しみから解き放たれていくのがよかった。

  • 購入済み 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    伯爵であるサイモンは、かつて自分の一族のものだった屋敷と財産を奪ったファリンドン家への復讐を誓っていた。そのための手段となりうるのは、ファリンドン家の娘で、詩の創作を趣味とする知的な女性エミリー。彼女に接近したサイモンは、求婚の言葉を口にして彼女を驚かせる。だが、やがて父親からサイモンの魂胆を知らされたエミリーは、サイモンにあまりにも意外な申し出をした…。

    わけのわからん「高次元の会話」ですか。
    でもテンポよくて面白かったです。サイモンのひねくれ方が結構好きな展開でした。
    女性が投資の才能があるというだけで特異になる時代ですか。使用人のキャラクターもよかったです。

    Scandal by Amanda Quick

  • ちょっと印象薄い。まあクイックだから、あるレベルの満足を与えてくれるので、それでOK。

  • インドで大富豪になり23年前の復讐に帰ってきたブレード伯爵サイモン・トラハーンは、復讐相手の娘エミリー・ファリンドンを誘惑すべく…。
    エミリーのせいで陰鬱な展開になりそうな場面がコミカルに楽しくなっていく。サイモンが復讐の海に沈めたい相手を助けてしまい『どうしてこうなった』と思いながらも気分は晴れる…、そんな場面は読者の気分も上向きにさせられます。

全4件中 1 - 4件を表示

アマンダ・クイックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

夢見る赤毛の妖精 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

夢見る赤毛の妖精 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢見る赤毛の妖精 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

伯爵であるサイモンは、かつて自分の一族のものだった屋敷と財産を奪ったファリンドン家への復讐を誓っていた。そのための手段となりうるのは、ファリンドン家の娘で、詩の創作を趣味とする知的な女性エミリー。彼女に接近したサイモンは、求婚の言葉を口にして彼女を驚かせる。だが、やがて父親からサイモンの魂胆を知らされたエミリーは、サイモンにあまりにも意外な申し出をした…。

夢見る赤毛の妖精 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする