魔女の血族 上 (ヴィレッジブックス)

  • 93人登録
  • 3.91評価
    • (7)
    • (15)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 中西和美 
  • ヴィレッジブックス (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864912235

魔女の血族 上 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魔女とヴァンパイアとデーモン(と人間)が、大いなる秘密の書かれた「生命の本」を巡って協力したり戦ったりする壮大な物語の完結編。喜び勇んで図書室から借りてきたもののそれまでのストーリーや登場人物をほとんど覚えていなくて、一作目から読み返しました。面白かった!前二作では蚊帳の外に置かれてばかりいた感じの人間もそれなりに活躍していてなんとなく嬉しい。後半は、個人的にお気に入りだったギャロウグラスの出番があんまり無くてそれが残念。

  • 読んで良かった。はてさて。つづき、つづき。はよはよ。

  • 写本の謎の解明もまだ進んでいないのに、ここにきてクレアモント一族の血の逆上の問題が浮上とか、この次の巻で完結なのに広げた風呂敷の畳み方が気になるところ。
    クリーチャーの存在をあっさりと受け入れるクリスが和みキャラでした。
    そして、過去で関わったあの子には胸が痛みます……岸壁の母みたいやないか(涙)
    数々の悲惨な体験を忘れてしまえるくらい幸せになって欲しいなあ。

  • 現代に帰ってきてからも難問山積み。新たなサイオンを作ることはできるのか?

  • 前作を読んでから、かなり時間が経っているため
    前の内容を忘れてしまい
    誰が誰だか思いだすのに大変でした。

    段々、家系が複雑になって来ました。

  • 前作と時間があいてるから内容を把握するために少し時間がかかったけど何とか読了。第一段おもしろくて第二段で訳わからない時代になってようやくまた現在。かなり話が大袈裟になってきたし登場人物も多くなって複雑になってきたけどまだそれなりに楽しめてます。

全6件中 1 - 6件を表示

デボラ・ハークネスの作品

魔女の血族 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔女の血族 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔女の血族 上 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

16世紀エリザベス朝ロンドンへのタイムウォークを経て、幻の写本"アシュモール782"の恐るべき秘密に触れたダイアナとマシュー。現代へ戻り愛する者の非業の死を知らされた二人は、迫り来る戦いのため写本に隠されたクリーチャーの種の起源を読み解くべく、イェール大学のラボに協力を仰いでDNA解析に着手する。そんななかヨーロッパで起きた連続殺人事件の意外な真犯人が明らかになり…。

魔女の血族 上 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする