童貞レッスン (ダイトコミックス)

  • 33人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 鬼丸すぐる
  • 大都社 (2014年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864950503

童貞レッスン (ダイトコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 童貞レッスンをあっさり信じちゃう28歳お兄さん、天然過ぎて可愛い。ガチムチはやっぱり美味しいです。大好物です。

  • タイトルを裏切らない内容でした。突っ込んだら負け。卑語淫語がたくさん出てきてエロ多めなので、お好きな方は是非。

  • ふせぢがたくさん…。(…嫌いじゃない)

    童貞でヘタレ兄貴にわざわざHのレッスンと称し、淫語オンパレードなエロをほどこす鬼畜義弟。
    デビュー作のナントカ昭和脳~は、清い関係を!がモットーな攻めでしたからエロはなかったのに…。今回もうどエロで嬉しい悲鳴(笑)

    エロだけでなく、濃いキャラも好物なので★5でも良かったんですが、当て馬にあっさり受けが喰われてちょい萎えたのが残念。この作家さん、自分的にストーリーよりエロが見所だと思うのでこの路線でつっ走ってほしい。

  • (感想)

    疑ってくださいお兄さん…

    親たちの再婚で義兄弟となった2人。
    父親も男兄弟もいなかった誠二が騙されてというか
    信じ込んんで義弟・香にエッチされるお話。

    それだけ初心な誠二は香にされることを本当に微塵も疑わなく
    相手が別の男性に変わってもレッスンだと思い込んでるところは
    初心で可愛いを通り越してただのお馬鹿にしか思えない(^^;)
    最終的に自分の気持ちに気が付いて罪の意識が湧くのかと思えば
    自分の気持ちが解らないという…
    香は自分の気持ちを自覚してヤキモチ焼いてるというのにね。
    まぁこれからも香にお仕置きしてもらいなさい!!


    後半はその別の男となった小野のお話。
    やはり好きな人(誠二)がいると
    自分に向けられる好意には気づかないというか
    相手も相手で心が初心で可愛かったけど。
    見かけは攻めキャラなのでそのギャップがね。

    全体的に明るいエロでした!!

  • エロキュン。お兄ちゃん天然すぎ(笑)小野君もよかったね、こうたとうまくいきそうで。まのさんの話も読みたい。

  • 前作が割と好きだったので、作家買いして、みた、けど…うーん?
    こういうぽやぽやっとした受がお好きなのかな?
    前作と、今作二本と、全部おんなじ感じの受で、うーん。

    トンデモな感じは好きだけど、こういう微妙なラインのトンデモは言葉に詰まるな…。
    いや、悪くないし、普通に読めるんだけど…。

全6件中 1 - 6件を表示

童貞レッスン (ダイトコミックス)はこんなマンガです

ツイートする