小ネタの恩返し。おやつ、そしてスイーツ編 (ほぼ日文庫)

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 和田ラヂヲ 
  • 東京糸井重里事務所 (2016年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865012316

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
塩田 武士
住野 よる
おかべ たかし
エラ・フランシス...
大竹 昭子
有効な右矢印 無効な右矢印

小ネタの恩返し。おやつ、そしてスイーツ編 (ほぼ日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恩返し。って素敵な言葉
    全4巻

    1冊ずつチャーミングな
    サブタイトルが付けられている
    「小ネタの恩返し」。

    (先ずは)
    "おやつ、そしてスイーツ 編"を拝読しました。

    ぁ。
    ここで気をつけなきゃいけないのは
    "おやつ、そしてスイーツ 編"だからと言って
    おやつ、そしてスイーツが中心の
    内容では無いよーと言うことです!(何

    ん?
    でもでも
    小ネタにまつわるエトセトラから感じる
    擽られるような可笑しみは
    完全なる
    お菓子みであり。

    数々の文字列から感じられるハッピーで
    そこはかとない甘酸っぱさは
    読んでゴキゲンになるスイーツの如しです。

    (上手いこと言えた感。満!載!)

    本文に集結されていらっしゃる
    愛すべき小ネタさんたちは
    カリスマコピーライター糸井重里氏監修
    "ほぼ日刊イトイ新聞"の中の
    「今日の小ネタ劇場」に寄せられた傑作選。

    遡ること実に10年
    桃栗3年柿8年
    12000超の全掲載ネタの中から
    涙を飲んだであろうと想像するに余りある
    絶賛選りすぐり
    村主と書いてすぐりと読む事を知った時の
    衝撃レベルでエモーショナル。

    もはや何を言っているのか
    自分でも分からなくなって来たけれど
    そんなことさえ許されるんじゃないかと
    (図々しいです)
    錯覚を起こさせて頂けるぐらい
    ユーモアに溢れている優しい1冊です。

    ヒトって、何だかカワイイなぁ
    なんて思えたりする
    霊長類貧乳女子の私(要らない情報)←

    最後に
    「解説」必見。

    読んでる傍から頭の中で映像化される
    文章に
    心のダムが決壊しました(涙がダム)。

    コトバのチカラにココロが震える
    深い余韻の残る「解説」

    そして
    ムダでしかない私のこの感想も
    スプーンで救って混ぜて溶かして
    飲みほして頂けたなら
    ・・・冥利に尽きます!

  • ほぼ日「小ネタ劇場」をまとめた4冊シリーズのひとつ。
    今日の係長、昭和、夢、ハートブレイク、どっちもどっち!、プロポーズ、女房、気になるあいつ、コドモ、それに1000円あったら何を買う?の各コーナーからの盛り合わせ。解説は燃え殻氏による「ムダ論〜いつだってスプーンいっぱいの気づかいと気づきがボクたちの日常をすくってくれるんだ〜」

全2件中 1 - 2件を表示

小ネタの恩返し。おやつ、そしてスイーツ編 (ほぼ日文庫)を本棚に登録しているひと

小ネタの恩返し。おやつ、そしてスイーツ編 (ほぼ日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小ネタの恩返し。おやつ、そしてスイーツ編 (ほぼ日文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小ネタの恩返し。おやつ、そしてスイーツ編 (ほぼ日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする