この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アンソロジー ビールの感想・レビュー・書評

  • シリーズ第四弾。なんたってビールである。「グビグビ、プハーッ!」というヨロコビに満ちている。いろいろ蘊蓄はあろうが、私は絶対「ビールは冷たいほど良い」派だ。意外にそういう人が多く(そうでないのはなかったような…)、そうだよね!と意を強くする。あと、椎名誠さんが「家で飲むビールのランクはこのスーパープレミアムと、ヱビスとブラウマイスターが黄金の御三家で」と書いていて、おお、隊長と好みが同じじゃん!と嬉しくなった。

    心楽しいものがほとんどなのだが、吉田直哉さんの「ネパールのビール」はちょっと異色だ。ビールを買うには何時間も徒歩で行く必要のある僻地にいたとき、お使いを買って出てくれた現地の少年の思い出が語られていて、これが切なく、ホロッとした。

  • 私はビールは飲めないので、
    乾杯っ!!!
    は、ひとりCOFFEEにて。

    賑やかな酒席のいちばんはしっこの席で
    (そうか、そうか。
     仕事終わりにね、
     旅のお供にね、
     美味しいビールの銘柄ね。)
     盛り上がり続ける酒豪さん達のお話に
     なんとな~く耳を傾けていたのだが。
     
    星新一さんの話にはおっ?と、思わず身を乗り出してしまった。
    ある日、ビールの製造工場へと見学に来た星さん。

    同級生である工場長の説明に、
    率直な疑問をどんどん投げかけ続ける。
    わからないことや
    納得いかないことをお座成りにはしない性格なんだなぁ。

    星さんの思考はビールを置き去りに
    どんどんどんどん先へ進み、
    一周回ってCOFFEEへ戻ってきた?(笑

    フト、今手にしているCOFFEEに視線を落とし、
    (これ、私いつから美味しいと思って飲むようになったんだっけ?)
    いつの間にか、星さんワールドへの突入を余儀なくされていたのであった。

  • 一流作家陣によるビールにまつわるエッセイ。中には赤塚不二夫の漫画もあるし、物故作家の作品も結構ある。おっと思わせる異色の作家が並んでいたりする。それぞれの作家のビールへの個性的すぎるこだわり、愛着、主義が興を漂わす。笑わせてくれる。個人的には北大路公子が好き。ここでもいつもと変わりなくスパークしている。一番光っていた。阿川佐和子氏のとりあえずが「まず最初に」。これに対して北大路氏は「義務」。そして「ひっひっひっ切るかい」。などと言っている。なかなか意味不明。気味悪きこと青天井である。ビールの季節を前に思いっきり舌を唸らせてもらった。

  • 夏の風物詩ってトコロでしょうか?

    パルコのPR
    「アンソロジーシリーズ第4弾

    「食」をテーマに編んだアンソロジーシリーズも、おかげさまで、カレーライス、お弁当、おやつに続く第四弾となりました。
    今回は、趣きをガラリと変えて「ビール」をお届けします。暑い夏を迎える季節にグイッと一杯。名文家たちの「ビール」について熱い思いを飲み干してください。 」

  • 焼きそビール…ソースとビールと夏の相性の良さったら。

  • ビール飲みたくなった。

  • 2016.6.23
    これ読んであービール飲みたいって感じにはならないが、グラスへの注ぎ方については最初の一杯については泡を作りつつ2度注ぎを僕も家でやってます。
    あと鮮度が命みたいなことも書いてあって、輸入のものなんて・・・というのも面白かった。

  • お酒はたべものより更にプライベート。

    著者に興味があれば物凄く興味深いし、そうでなければまるで食指が動かない。

  • 図書館では
    お正月にちなんで本の福袋というサービスを始めた
    二冊を一袋に包装している
    外側にテーマの札が付いている
    この本のテーマは 乾杯

    アンソロジー テーマによって短い文章を読めるのが良い所であって私の嫌いなところでもある
    時代の新旧によって見方や考え方が違うと思った
    ビールは 今では庶民の飲み物だが昔は高級品だったようだ

  • おもしろいものおもしろくないものいろいろやたけど、やっぱりしょーじさだお氏の描くビールとそれを取り巻く人間たちが秀逸。
    赤塚漫画もよかった。
    大好きな川上弘美氏のあの作品も、何度読んでもやっぱりいい味。

  • 飲まずにいられるか!? 東海林さだお、川上弘美、阿川佐和子らのエッセイから、赤塚不二夫の漫画「天才バカボン」まで、喉が鳴る鳴る41篇を収録した、ビールにまつわるアンソロジー。

    古今東西?
    面白く読めるものと読めないものとごちゃ混ぜ。
    ビールが飲みたいような飲みたくないような。

    ケメコ先生が異色(笑)。

  • ビールを飲むと幸せな気分になるんだな。

  • チェコとドイツに行ってビールがのみたくなる。

  • 面白かった!
    妊娠中、しかも入院中という、ビールから物凄く遠い処で読んだ本。
    岩城宏之、開高健、千野栄一、と続けてチェコのビールを絶賛するので、チェコに行って生ビール飲みたくなったー
    みんな何かしら自分ルールがあって、美味しい注ぎ方がどうとか、泡問題とか、温度問題とか、飲みながら話すのも楽しいかも。
    読みながら自分はどうやって飲むのが好きかな、て考えるのもまた愉し。
    ビールってお酒や焼酎よりも、カラッとしてて明るい軽いイメージで、だからそれに纏わるエピソードも軽やかでいいのかな、と思った。
    吉田直哉のネパールのビールだけ異質で、泣いた。

  • チェコ語の千野栄一先生のエッセー目当てで読みました。
    面白かったです。

  • ビールを軸に、時間、空間を自在に飛び回るタイムマシーンのようなエッセイ選集。特に昭和以前の著述が面白い。この本、最寄りの書店で見かけたが、手に取るな、読むなと俺の心が言ったのでそうした。でも、その後知人が読めと手渡してくれてほんとに良かった。人、音楽、本との出会いってそんなもんだよな。

  • ビールにまつわる短編。読んでいるうちに無性にビールが飲みたくなり、飲んでしまった次第である。ビールに対する思いは時代背景によって異なるなど人それぞれであるが、飲みたいと感じさせてくれる文章の書き方をしているなと感じてしまう。
    この季節はどちらかというと、熱燗や焼酎のお湯割りが恋しくなるのだが、コタツの中で飲むビール、鍋料理のお供にビールというのも風情があっていいなと思う。
    星新一さんのビール工場見学の話が載っていて、ビール工場を見学してみたいと思った。できれば試飲もしてみたい。
    赤塚不二夫先生のバカボンがこの本で読めるのは貴重でお得感あるなと思った。ビールとバカボンの漫画は面白かった。先生がビール瓶口に挟まってしまったのは少し気の毒であるが。

  • ビールについての話が色々とあります。
    他人のビールの楽しみ方を知れます。

  • ビール飲みたくなるー

  • 一行目:「これほどノドが渇いたことはなかった。」
    東海林さだおの「生ビールへの道」の冒頭。短編集の一編目から、呑みすけとしては、グイグイ引き込まれてしまう。また、おつまみがどれもこれも美味しそうなのがイイ。
    文庫化してくれたら、必ず旅のお供になるのだが。
    あっ、勿論呑まない人も面白いと思う。多分。

  • 2014/10/29(水曜日)

  • ビールをテーマにしたエッセイ集。ビール片手に読む楽しさよ。

  • 古今東西それぞれの文筆家によるビールについての逸話を集めた小品集。
    それぞれのビールへの思い、様々な飲み方、付き合い方が描かれている。好きな作家の好きな飲み方をよく観察してみると面白い。多く著者がいるので、自分に合うもの、合わないものがあると思う。
    個人的には、平松洋子、佐多稲子、長田弘あたりが好きだ。ゆっくりと静かに少量を飲みながら、時間を過ごすのが自分の好みらしいと気づいた。

  • 錚々たる面々(多くはオジサマ方)が至極真面目にビールについて語っているところが面白い。誰もが泡だ温度だと一家言を持っているところも。あくまでも日本人として日本で飲むビールにこだわる人、本場たる西洋のビールを最上とする人、様々ながら皆ビールを愛する同志。

  • 2014年8月24日に行われた、第18回ビブリオバトルin生駒で発表された本です。テーマは「祭」。

全32件中 1 - 25件を表示

アンソロジー ビールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンソロジー ビールを本棚に「積読」で登録しているひと

アンソロジー ビールの作品紹介

BEERS of All Time!!飲まずにいられるか?!喉が鳴る鳴る41篇。

ツイートする