新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 本田まりこ
  • 法研 (2014年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865130065

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本の感想・レビュー・書評

  • 2015年2月27日読了。ヘルペス持ちとして幼児・妊婦に感染するのか、その影響は?など気になるので読んでみた。水ぼうそうなどと一緒に感染するヘルペスウイルスは感染力が非常に強く、神経の末端・皮膚近くを広まりながら移動するため身体の免疫系が完全に働かない(一生体内に潜伏を続ける)厄介な疾患であることが分かった。今は良くても老化などで身体機能が衰えたときが怖いものだ。ウイルス持ちの幼児や患者に普段接することでむしろ自分の免疫力が高まる「ブースター効果」というのは初めて知ったが、結局のところ自分が感染するもしないも運しだい・かかったら早めに治療を受けるが原則だが、妊婦への感染は最大限避けるべき、とそういうことのようだ。気を付けよう。

全1件中 1 - 1件を表示

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本を本棚に登録しているひと

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本を本棚に「積読」で登録しているひと

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本の作品紹介

身近な病気――ヘルペスから身を守る
<br/>口の中にできたただれが痛む
<br/>指先のささくれが赤く膨れ上がった…。
<br/>これらは、ヘルペス症状の一例です。ヘルペスウイルスに感染することで発症するヘルペス(帯状疱疹、単純ヘルペス)は、事例のように私たちの身近にあるありふれた病気であるにかかわらず、その実態を知っている人は多くはありません。
<br/>ところが、ヘルペスを見過ごしてしまったために、激しい痛みが続く「帯状疱疹後神経痛」に悩まされたり、アトピーの皮膚症状が悪化したり、脳炎に罹患して命を落としたり……と、深刻なケースに陥る場合も多々あるのです。
<br/>本書では、最近増加傾向にあるヘルペスについての知識から検査、治療法、予防法まで――最新情報を図解などを駆使し、わかりやすく解説します。
<br/>

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本のKindle版

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本のKindle版

ツイートする