白薔薇は束縛にふるえる (プリエール文庫)

  • 18人登録
  • 3.70評価
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐倉紫
制作 : オオタケ 
  • 大誠社 (2014年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865180299

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白薔薇は束縛にふるえる (プリエール文庫)の感想・レビュー・書評

  • 身分逆転もので、元庭師のヴィクトールが成功して没落した令嬢エリナの前に現れて、借金を肩代わりする代わりにメイドにするって感じで、最初の方はティアラ文庫の「身分逆転」に似てるなぁって思いました。

    ところどころでヴィクトール側の心情も書かれていて、分かり易いですし、エリナがいい子で本は厚めですけど、結構早く読めました。

    残念なのはイラスト。
    オオタケさんのイラストは全体的にのぺっとした感じで余り好きじゃないんですけど、挿絵は特にひどいです。背景がないとか手抜き感がありありで、もうちょっといい絵師さんだったら、星5つだったのにな。

  • けっこう厚みのある作品だけど、読み始めから3時間くらいで、サクサク読めました。
    子爵令嬢と庭師として出会い、想い合った2人。
    富豪になった男と、没落貴族として再会。身分逆転ものです。

    いろいろ横槍はあるけど、アッサリしたもので、基本的には、2人がイチャコラしてるという(笑)
    ハッピーエンドで良かったんじゃないでしょうか。

全2件中 1 - 2件を表示

白薔薇は束縛にふるえる (プリエール文庫)の作品紹介

かつて愛した人との再会-それは、没落した貴族令嬢エリナにとって苦しくも甘い日々の始まりだった…。幼い頃共に過ごした庭師のヴィクトールは、数年後、莫大な富を持つ冷徹な実業家となって現れた。邸に連れられ言われるままメイドとなったエリナは、誤解から彼に恨まれていることを知る。「男を悦ばせるのは得意なんだろう?」激情のままに純潔を散らされるも、やはり彼への愛しさは消えなくて-繰り返される情交に、翻弄される身体と揺れる心。身分差逆転ロマンス!

白薔薇は束縛にふるえる (プリエール文庫)はこんな本です

白薔薇は束縛にふるえる (プリエール文庫)のKindle版

ツイートする